歯科治療中は大量のウイルスを浴びているということは事実でしょうか?-
メタルフリー専門19年の審美歯科
梅田のナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜13:00/15:00~18:00 (木・日祝 休診)

よくある質問

FAQ

検索アイコン

コロナ対策について
天然歯を守る
光学印象・口腔内スキャナー
診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

木曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00~18:00
(木・日祝 休診)

歯科治療中は大量のウイルスを浴びているということは事実でしょうか?

事実ではありません。多くの方が歯を削る器具から出る水しぶきでウイルスが診療室内に撒き散らされこれを浴びてしまうのではないかというご心配であると思います。この水しぶきによってお口の中から舞い上がる水霧をエアロゾルを言いますが、エアロゾルの約70%は器具から出た水で残りの部分が削片や体液ですから、これに含まれるウイルスの量はくしゃみや咳により飛沫する唾液に含まれるウイルス量と比べて非常に少ない量であると言えます。他の社会活動と比較しても歯科治療中の暴露は非常に少ないと言えます。

< コロナ対策についてのご質問一覧へ