ジルコニアインプラント | 審美歯科は梅田の歯科医院「ナチュラルクリニック大阪」メタルフリー審美歯科(大阪・梅田)と歯を残す歯科根管治療

ジルコニアインプラント-
完全予約制・保険外診療の審美歯科
梅田のナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜13:00/15:00~18:00 (月・日祝 休診)

クリニック案内

CLINIC

検索アイコン

ジルコニアインプラント

あなたの大切な天然歯を守るために、メタルフリージルコニアインプラントを始めます! あなたの大切な天然歯を守るために、メタルフリージルコニアインプラントを始めます!

今までのチタンインプラントと
何が違うの?

丈夫で、歯茎にやさしい

インプラントを真剣に検討されるほど歯の知識(デンタルIQ)をお持ちの方は「ジルコニア」と聞いてピン!とこられたはずです。ジルコニアは白い歯のセラミッククラウンなどで金属の代わりに使われるセラミックの一種です。身近なところではジルコニアセラミック製の包丁や、人工ダイヤモンド(キュービックジルコニア)などがあり、その強さと丈夫さがお分かりになると思います。

銀歯・金歯の代わりとして、過去20年以上もの間、世界中で使われてきたのがジルコニアです。現時点でジルコニアはどの歯科材料よりも歯肉に付着しやすい(親和性が高い)特性があることがわかっています。

つまりジルコニアインプラントと歯ぐきの間に隙間が開きにくいので、プラーク(歯垢)の蓄積が少なく、ジルコニアインプラントは、今問題となっているインプラント周囲炎によるインプラントの脱落リスクを軽減いたします。さらに、表面がツルツル(高い研磨精度)で細菌付着量を軽減する特性を併せ持つため、ジルコニアインプラントは炎症(インプラント周囲炎)を起こしにくく、強さと同時に歯茎にやさしいインプラントであるといえます。

金属アレルギーがありません

ジルコニアインプラントは非金属のため、生体適合性に優れ免疫系を刺激しません。メタルフリーの素材で金属アレルギー反応の報告はありません。

ナチュラルクリニックOSAKAでは、チタンによるインプラントが金属アレルギーのリスクゼロと言えず、また口腔内電流(ガルバニー電流)の発生や、電磁波過敏症の方への影響も危惧されることにより、大切なからだの入り口である口腔内には適用しないという方針を貫いてきました。ジルコニアインプラントは金属ではありませんのでこうした心配はまったくありません。このからだに優しいジルコニアインプラントが実用段階になったことで安心して患者さんにご提供できるようになりました。

MRI や CT 検査も安心

インプラント治療をご検討される世代の方々は、健康に気を使うからこそ定期的な検診や通院をなさっていると思います。チタンインプラントは製品によって MRI画像に大きな乱れ(アーチファクトというノイズ)を生じさせたり、CT 撮影にも悪影響を及ぼすものがあります。インプラントを埋入する顎の周囲は脳を始めとする最も大切な臓器が集まっています。

チタンインプラントでは検査前処置として構造物の分離など MRI / CT 撮影で準備が必要なものがありますが、非金属のジルコニアインプラントではこうした心配ごとはまったくありません。インプラント治療をお受けになられた後も、安心して全身管理のための検診をお受けいただくことが可能です。

審美的にも優れた
ジルコニアインプラント

ジルコニアは素材の特性からもともと白い色をしています。

最近ではかぶせものの土台に従来までの金属では無く、審美性に配慮して白いグラスファイバー製の土台を使うことが増えてきています。しかしながら、インプラントだけは鈍く銀色に光るチタン製でした。ジルコニアインプラントは白い土台となりますので上にかぶせるセラミック冠などとの色のマッチングもピッタリで、見た目に自然で美しいインプラント治療を可能にします。

ジルコニアインプラントの治療価格

ジルコニアインプラントは新しい治療のため量産効果がなく、チタンインプラントに比べて割高です。私たちナチュラルクリニックOSAKA では営業的な価格競争でインプラントを選択するのではなく、患者さんに自信をもって「歯とからだに優しい」とお伝えできるインプラント治療にこだわっています。

標準費用 (保険外診療)
40万円(ジルコニアインプラント1ピース)+ 上部構造費用(セラミッククラウンなど)
45万円(ジルコニアインプラント2ピース)+ 上部構造費用(セラミッククラウンなど)

治療費一例 (税別)

ジルコニアインプラント 1ピース (1本) ¥ 400,000
セラミッククラウン (1歯) ¥ 200,000
合計 ¥ 600,000

医療費控除について

インプラント治療は「噛み合せ」「咬合改善」に対する治療目的として承認されますと、医療費控除をお受けになられる場合があります。一年間にご自身またはご家族が10万円(総所得が200万未満の場合はその5%)以上医療費等を支払った場合は最大200万円分の税金が控除され減税または還付金が返還されます。

医療費控除・税率等について詳しくは下記をご覧ください。
国税庁・医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例 | 国税庁
医療費控除について | 国税庁
所得税率 | 国税庁
※住民税についてはお住まいの自治体のホームページなどでご確認ください

ジルコニアインプラントに
ついてよくあるご質問

Q&A

ジルコニアインプラントのデメリットは?

ナチュラルクリニックOSAKA では見た目の価格だけでなく、からだに優しく長期的に安心していただける歯科治療を第一に考え、現時点で最も患者さんのためになると思われる治療を北米や欧州の新しい基準で提供しています。

治療を受けられるクリニックが少ない
ジルコニアインプラントは、日本でもまだ新しい治療のため、行っている歯科医院自体が少なくなります。 (歯科医院全体の1%以下)
適用範囲が狭くなる
ジルコニアインプラントの開発・製造メーカーが少なく、インプラントの種類も少ない為、チタンインプラントに比べて適応範囲が狭くなります。
値段が高い
ジルコニアインプラントはチタンインプラントに比べ生産コストがかかり、治療費用も割高(約20~30%程度)になります。

*歯科用ジルコニアインプラントは新しい治療材料のため厚労省の認可は現時点で得ていません(薬機法未承認)が、世界的にも厳しい審査基準を持つ米国食品医薬品局(FDA)・欧州CEマークの認証を受けたものを使用しています。そのうえで厚生労働省確認済み輸入報告書を取得して、歯科医師が個人の責任において輸入したものです。

使用するジルコニアインプラントはどんなもの?

ナチュラルクリニックOSAKAのジルコニアインプラントは、すべてTZP-A-Bio-HIP酸化ジルコニウムから作られています。このTZP-A-Bio-HIP酸化ジルコニウムという素材は「熱間等方圧加圧法(HIP)」という素材の密度を高めるプロセスを経ることで、従来のチタンインプラントと比べ曲げ強度を向上させています。

またインプラント表面の研磨がym(ヨクトメートル)というマイクロメートルよりもさらに小さい単位で行われ、チタンインプラントに比べ細菌付着量が軽減されることで、インプラント周囲の炎症を起こしにくくする特性を持っています。

ジルコニアとはどのような素材ですか?

ジルコニアは、人工ダイヤモンドにも使われる素材です。非常に高い強度を持つだけではなく、耐久性や耐熱性にも優れており、ロケットの耐熱タイルなどにも使用されています。人体に対する安全性が高く、体に優しい材料であることから、人工関節などにも使用されています。

ジルコニアは金属ではないのですか?

金属元素であるジルコニウムと酸素が合わさると、全く新しい非金属材料であるセラミックスの酸化ジルコニウムができます。これは機械的性質も科学的性質も金属とは全く異なるメタルフリー素材となります。歯科ではこの非金属である酸化ジルコニウムが数多くの材料として適用されています。

チタンによるインプラントは金属アレルギーを引き起こしますか?

チタン表面には酸化膜という薄い皮膜が存在します。この膜によって金属アレルギーの原因となる金属イオンが溶け出しにくく、体内に埋め込むというインプラント治療に適しています。

しかしながら近年、ごくまれにチタンに対して金属アレルギー反応を起こす方の存在(約500人に1人)が報告されています。インプラントのみならず、アクセサリーやメガネなど、日常的にチタンに触れる機会が多くなってきていますので、今後、チタンアレルギーの報告は増えて行くと予想されています。

一般的なジルコニアインプラントの成功率、生存率についての研究はありますか?

ジルコニアインプラントの成功率、生存率についての研究、報告は、以下のようであり、いずれも高い成功率、生存率を示しています。これらにより、チタン一辺倒であったインプラントの素材が見直され、世界的にもジルコニアインプラントを採用する歯科医師が増えつつあります。

研究者 発表年 結果
フライブルグ大学(ドイツ)
チューリッヒ大学(スイス)
2016年 4196の研究論文から厳選した9論文(398本)を精査したところ、ジルコニアインプラントの生存率は95.6%であった。
 インスブルック医科大学
(オーストリア)
2016年 4年間に販売されたジルコニアインプラント(ゼラメックス、2ピース)15255本を調べたところ、96.7~99.4%(製品よって異なる)の成功率だった。
クニハ グラハルト歯科
(ドイツ)
2015年 44人にジルコニアインプラント(ストローマン ピュア)を埋入したところ、成功率、生存率とも97.6%だった。
バルセロナ大学
(スペイン)
2010年 831本のジルコニアインプラント(セラルート)の成功率(5年後)は95%だった。

ジルコニアインプラントの安全性についてはいかがですか?

ジルコニアインプラントは、30年以上の研究、15年以上・35000本以上の臨床実績を持つインプラントです。日本ではまだ認可がおりていませんが、世界的にみても審査の基準が厳しい米国食品医薬品局(FDA)の承認と欧州CEマークの認証の両方を受けており、極めて安全な材料で有ると言えます。非常に生体適合性に優れ、免疫系を刺激しません。今までにジルコニアインプラントに対するアレルギー反応は一切報告されていません。

当医療機関で使用されます未承認医療機器(ジルコニア歯科用インプラント)は、厚生労働省確認済み輸入報告書を取得し、歯科医師が個人輸入によって入手したものです。 個人輸入前に厚生労働省ホームページ「個人輸入において注意すべき医薬品等について(※)」を確認しています。

(※)https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

インプラント治療をすると、MRI検査を受けることができなくなると聞きましたが、いかがですか?

チタン製のインプラントは金属であるため、人間ドッグや精密検査で行う「MRI検査」を受けることが難しくなってしまいます。ジルコニアインプラントは非金属のため、全く問題なく検査することができます。

電磁波に対する影響が怖いのですが、ジルコニアインプラントでも注意が必要ですか?

金属であるチタンインプラントは電磁波を集めます。金属で無いジルコニアインプラントであれば、電磁波が集まらないため、起こり得る健康被害のリスクを抑えることができます。特に電磁波過敏症の方は、電磁波の影響下で全身に様々な不快症状が現れることが報告されてきています。インプラントは、頭の近いところに使用するため、電磁波を集めないジルコニアインプラントの適応がより安全だと言えます。

インプラントは歯茎がやせると黒ずんで見えませんか?

ジルコニアインプラントは白色のため、歯肉がやせてもチタンの様に銀色のインプラントが黒ずんで 見えることがありません。特に前歯部など審美性に配慮すべき場合には適しています。

ジルコニアインプラントに対するアレルギーはありますか?

ジルコニアインプラントは、生体適合性に優れ、免疫系を一切刺激しないため、アレルギー反応は一切報告されていません。極めてからだに優しい素材だと言えます。

インプラント周囲炎が心配ですが、チタンインプラントに比べてどうですか?

ジルコニアは今あるどの歯科材料よりも最も歯肉と付着しやすく、ジルコニアインプラントと歯茎の間に隙間が開きにくくなります。そのため、プラークの蓄積が大幅に少なくなり、局所的にはインプラント周囲炎、全身的にも心血管疾患、脳卒中などリスクが少なくなります。このインプラント周囲炎というのは、インプラントが脱落する理由の第一位となっており、そのリスクを低減させる事は大きなメリットであると言えます。

チタンインプラントと比較してコストが高くなるのはどうしてですか?

当院が採用しておりますZ-systemsのジルコニアインプラントは、特殊な「熱間等方圧加圧法(HIP)」という素材の密度を高めるプロセスによって作られており、従来のチタンインプラントに比べ、そのその曲げ強さをはるかに大きくすることが可能になりました。その分生産コストが高くなり、工業的に大量生産が可能なチタンインプラントに比べ導入費用も割高となっています。

ナチュラルクリニックOSAKAの
インプラント治療について

患者さんの歯と神経を大切に残す
丁寧な歯科治療を続けています。

ナチュラルクリニックOSAKA は歯の治療に金属をまったく使わないメタルフリー専門クリニックです。開院から17年、機能的にも審美的にもご満足いただける歯科治療を、完全保険外診療として提供しています。

ナチュラルクリニックでは、チタンによるインプラントが金属アレルギーのリスクゼロと言えず、また口腔内電流(ガルバニー電流)の発生や、電磁波過敏症の方への影響も危惧されることにより、大切なからだの入り口である口腔内には適用しないという方針を貫いてきました。ジルコニアインプラントは金属ではありませんのでこうした心配はまったくありません。このからだに優しいジルコニアインプラントが実用段階になったことで安心して患者さんにご提供できるようになりました。

「天然歯を守る=救歯臨床の為のインプラント治療」

2019年よりご自分の歯を大切に維持して頂くために、ジルコニアによるメタルフリーインプラントを「救歯」の選択肢としてご案内開始しました。

できるだけ自分の歯を残し、虫歯や歯周病の再発や金属アレルギーのリスクが少なく、歯やからだに優しいメタルフリー(金属を使わない)専門の歯科治療を完全オーダーメイドで提供しています。

患者さんに最適な治療プランをオーダーメイドでご提案させていただくため、保険外診療(自由診療)となっております。治療内容・費用も丁寧に分かりやすくご説明し、納得いただいた上で治療に進みます。

治療においては、当院ではほとんどすべての治療にマイクロスコープを用いております。マイクロスコープとは治療部位を肉眼の20倍以上に明るく拡大して見ながら施術することができる歯科用顕微鏡のことです。これにより患者さんは丁寧で安心、確実な治療をお受けになることが可能となり、虫歯や歯周病の再発を高いレベルで防止いたします。 院内はこうした患者さんそれぞれに応じたオーダーメイドの歯科治療をリラックスできる快適な治療環境で提供するため、安全・衛生管理を最優先しつつ、きめ細やかなレイアウトからゆったりとした治療用チェアにまでこだわっています。

ナチュラルクリニック大阪ではあなたのお悩みを解決する方法を
ご提案させていただきます。

電話でのお問い合せ0120-418-888

10:00〜18:00(13:00〜15:00休診)
土曜も診察 /完全予約制
 休診日:日曜・祝日

医療広告ガイドラインに準拠した
治療に関するご説明

治療内容

人工の歯の根をあごの骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を作製します。

治療期間・回数

口腔内の状況や治療内容により異なります。

副作用やリスク

  • 治療には手術を伴います。
    重度の歯周病がある場合脱離のリスクが高くなります。
  • 骨の状態により増骨等の処置が別途必要になることがあります。
  • 体質等によりインプラントと骨の定着が困難な場合があります。
  • 全身疾患の持病がある場合はインプラント治療ができないことがあります。主治医にご相談ください。
  • 歯科用ジルコニアインプラントは新しい治療材料のため厚労省の認可は現時点で得ていません(薬機法未承認)が、米国食品医薬品局(FDA)・欧州CEマークの認証を受けたものを使用しています。そのうえで厚生労働省確認済み輸入報告書を取得して、歯科医師が個人の責任において輸入したものです。