大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

よくある質問FAQ

よくある質問治療方法について

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

治療方法に関するご質問

歯をたくさん削らないと、詰めたりかぶせたりできませんか?

ナチュラルクリニックOSAKAでは、患者さんご自身が持つ自然な歯をできるだけ削らない、抜かない、歯の神経も抜かない方針を何よりも最優先にしています。

そのためにあえてセラミックスではなく、あまり歯を削らなくて済むマイクロハイブリッドレジンやグラスファイバーを用いた修復などのご提案や、歯やからだに優しい義歯をおすすめすることもあります。

患者の皆さんが、本当にご自分の歯を大切にしていただけるような治療方法を一緒に考えて参ります。

無痛治療は本当に痛くないのですか?

麻酔自体は、通常まったく痛みを感じること無く行われます。

ただし、麻酔を行うことのできない治療や、あえて歯を削りすぎないために麻酔を行わない治療もあります。

また、根の消毒の治療などにおいては消毒剤が患部に入っていく時、少し痛みを感じられることもあります。

このように正直申し上げて、全てが全て、痛みのまったく無い治療でまかなえるわけではありません。

しかしながら、私たちは、できるだけ患者の皆さんが痛みや苦痛を感じることが無いよう、いつも細心の注意を払って治療にあたらせていただいております。

前歯の虫歯がきりきり痛みます。歯の神経を取って差し歯にしないといけないと言われたのですが、仕方ないのでしょうか?

実際の歯の状態を診させていただかないとなんとも言えませんが、詰め物が取れてからだんだん痛くなってきたり、食事のときに刺激でキリキリ鋭い痛みがある場合などは、歯の表面に存在する神経線維(デルタ線維)によって痛みが誘発されていることがほとんどで、この場合なら神経を取らずに済むことが多いです。

本当に神経を取らなければならないのは、歯の奥の深い部分に存在する神経線維(C線維)により鈍い痛みがある場合です。

神経を取らずに済めば、差し歯ではなくできるだけ歯を削らないコンポジットレジンで修復できるかもしれません。

保険でも前歯に白い歯をかぶせることができると聞いたのですが?

はい、可能です。
ただし保険の前歯は硬質レジン前装冠と呼ばれていて、金属にプラスチックを貼り付けたものです。自由診療のオールセラミックス冠に比べ、プラスチックの部分が水を吸いやすく変色も生じます。また、裏側は金属ですので口腔内で腐食が起こりやすく、虫歯の再発やアレルギーなどの心配も危惧されます。

この金属は日本の場合通常パラジウム合金ですが、アメリカやヨーロッパではその高い毒性や発ガン性の問題から、ほとんど使用されることがなくなったものです。

食べ物の入り口であるお口の中に、長期間入れておく材料としては適しているものとは言えないのです。

インプラント治療をお願いしたいのですが?

申し訳ございません。ナチュラルクリニックOSAKAでは一切のインプラント治療を行っておりません。

インプラントは現在成功率も向上し、どんどん普及しています。私たちはこれを全て否定する考えではありませんが、未だ賛否両論のある不確かな治療であるとともに、外科的な侵襲性が強くいわゆる後戻りができない治療法であることから今後も採用する予定はございません。

ただし、患者さんにとってインプラント治療を選択なさるメリットが大きい場合は、それらリスクを十分ご説明させていただいた上で、提携しております専門医の方へご紹介させていただいております。

インプラント治療のリスクは何ですか?

やや専門的になりますが、インプラントを局部で見たときの問題は、感染からの最大のバリヤーである歯根膜といったものが無いことです。自然な歯は末梢の心臓と呼ばれるようにこの歯根膜の血管も必ず動脈、静脈が2列にペアーになって走行し、咬むことによるポンプ作用のあることがわかってきました。インプラント治療ではこういった自然治癒力を発揮する構造を再生することはできません。

またその歯根膜によるクッション効果も見られないため、咬み合う反対側の歯(対合歯)にとても強い力がかかり始めます。これは少しずつその歯周組織に悪い影響を与え、何年かして症状の発現を見る危険性があります。

東京歯科大学の井上孝教授によれば「インプラントは身体の連続性を意図的に損傷し、永久的な病態を作り出すもの」とされています。

現在のところ私たちは歯やからだに優しい歯科治療を啓蒙、普及していきたい考えから、インプラント治療に対しては慎重な立場をとっています。

ヒールオゾンという機器はどのように使うのですか? またその安全性は?

海外では主に子供の治療においてドリルをまったく使わずに虫歯治療ができる夢の機器といった形で紹介されています。

実際初期のむし歯であればこの機器を用い、自然治癒力を活かした治療が可能なようです。

ただ私たちはまだ確実性を重視するため、この機器を過信することなく、あくまでも従来までの徹底した虫歯治療の補助として使用しています。

これにより今までだったら神経や歯を抜かなくてはならなかったものが数多く保存でき、私たちの自然な歯を大切にしたいという想いを強力にサポートしてくれています。

その他、難治性の根管治療などにも高い効果を上げていますが、その高い殺菌力と安全性により歯周病治療や外科治療などにも広く応用しています。

オゾンガスは空気中に漏れると一秒もかからず瞬時に酸素に分解されますし、この機器の安全装置により真空状態に囲まれた部分にしか照射できない仕組みになっています。このことからこの機器による副作用は考えられません。

実際今まで世界中で数百万人、2千万本以上の虫歯がこの機器によって治療されていますが副作用報告はゼロです。

歯の根の消毒に使われている薬が劇薬で、からだにも悪いと聞いたのですが?

シックハウス症候群の原因物質として、ホルムアルデヒドが有名ですが、ラットによる実験ではこれにより鼻腔ガンが発生することも報告されています。

実はこのホルムアルデヒドの水溶液であるホルマリンが、いまだに多くの歯科医院で消毒剤や防腐剤として使われています。

薬剤の注意書きには『ホルムアルデヒド過敏症の人には慎重に使用すること』といった記載があります。しかしながら歯の根の下にある生きた骨組織に直接作用する根管治療薬として、日本中で毎日使われているということは、常識的に考えとても怖いことなのです。

私たちは根管消毒としてヒールオゾンを用い、安全で高い効果を得ています。

これからの歯科治療は、歯だけではなく、からだに優しいかどうかが問われていくことになると私たちは考えています。

虫歯をつめた隙間からまた虫歯ができてしまいました。歯が弱くて虫歯になりやすいと言われたのですが仕方ないのでしょうか?

確かに虫歯のなりやすさには個人差があります。唾液中の虫歯菌の量、唾液そのものの性質(緩衝能)、唾液の分泌量、歯の質などによっても変わってきます。しかしながら、もっと大事なことは虫歯治療の質の方だと私たちは考えます。

どの方の唾液中にも虫歯菌が数多く存在しています。治療中や仮づめ、仮歯の間に唾液による細菌感染を徹底的に防ぐ配慮がとても大事になってきます。

またヒールオゾンのような細菌レベルでの虫歯除去治療や人工エナメル質のバリアーによる修復前処置、さらに詰め物やかぶせものが歯との隙間が無くぴったりと合ってることなど虫歯再発防止のためにはどれも欠かすことができません。

その上で術後の検診やご自宅でのケアーなど、管理をしっかり行なっていただくことが大切になってくるのです。