大阪・梅田の精密審美歯科・一般歯科【ナチュラルクリニック大阪】 > 実際の治療例 > 歯ぐきの腫れを治したい

診療日と開院時間

10:00~18:00
(13:00~15:00休診)
休診日:月曜日・日曜・祝日

This div will be turned into a dynamic clock

お電話でのお問い合わせ

ご予約のお申込みや、診療システムに関するご質問は、お電話でお気軽にお問い合わせください。 なお、学会準備などで休診とさせていただくことがございます。不在の場合は留守番電話にお名前とメッセージ、ご覧絡先電話番号をお入れくださいませ。

電話でのお問い合わせ 06-6343-4618

治療例ノート

Natural Clinic 公式facebook

歯ぐきの腫れを治したい

メタルフリー・インプラントフリー
歯とからだに優しい治療をご覧ください。

AFTER

歯の根の奥深くまでヒビが入って割れており、歯茎も腫れて噛むと痛みが出る状態でした。 私達は矯正治療と歯周治療を併用し、なんとか歯を残し審美修復を行うことに致しました。

AFTER

歯と歯の間にパッチワークのようなプラスチックの詰め物がなされていました。またその隙間から虫歯が進行し、歯の神経に近いところまで迫っていました。歯並びや咬み合わせの改善もご希望された為、セラミックス冠による修復治療を行いました。

AFTER

歯根が割り箸を割ったかのようにスパっと破折していたケースです。深さが7ミリを超え通常ですと抜歯も止む終えない状態でしたが出来る限り抜かずに保存を試みました。

AFTER

疲れるといつも歯茎が腫れ、じくじくと痛み出すとの事でした。銀歯の付け根だけでなく歯と歯の間にも夜間の歯軋りや食い縛りが原因と思われる虫歯が認められました。

AFTER

歯茎が腫れて痛むということで他医院にて治療開始されるものの、根が深く割れているので抜くしか無いと言われたそうです。根の下に大きな病変もあり、確かに歯を残すのは極めて難しいケースでしたが、部分的な歯根抜去にて対応いたしました。

AFTER

夜間の強い歯軋りや食い縛りによって歯の根が割れてくることがあります。この方も一晩で歯が真二つに近いぐらい無惨にも割れてしまいました。通常これだけ深く割れてしまうと歯を保存することは困難なのですが、矯正治療と歯周再生治療により抜歯を免れました。

AFTER

歯茎が腫れてズキズキ痛みもあり、大変お辛い状態で来院されました。 術前のレントゲン検査で歯の根の奥深くに大きな横穴が開いている事が判明いたしました。患者さんには残念ながら保存不可能である旨お伝えし、抜歯することを前提に治療を始めたのですが、幸いにもこの末期的な状態の歯を残すことが出来ました。

AFTER

深い虫歯があり、残っている歯質が脆く冠にて被せる必要があったのですが、男性でかつ夜間に強く歯軋りをされる方でしたのでオールセラミックス冠を適用するのが難しいケースでした。

AFTER

虫歯も歯周病も末期的な状態でお越しになられましたが、患者さんご自身のなんとか持つところまで抜かずに残したいといったお気持ちが強かった為、保存を試みたケースです。治療後の患者さんの歯磨きの頑張りによって長期間咀嚼機能を維持し続けています。

AFTER

隙間や段差のある被せ物や、咬み合わせの悪さが原因で重度の歯周病に罹っておられました。適切な歯周病治療と咬み合わせの調節、その後のセラミックス修復により健康な歯茎を取り戻すことができました。

AFTER

軟らかく茶色い虫歯が歯の根の近くまで進行しており、また根の下からは大きな病変によって歯の周囲の骨が溶かされていたケースです。あらゆる手を尽くし、歯を残すよう努めました。

AFTER

ほとんどすべての歯が重度の歯周病に侵され、歯茎が腫れて出血していました。このようなケースでは、根本的な歯周病治療をきっちり行い、再発を防止する対策を十分講じてから前歯の見た目をよくしていきます。

AFTER

真ん中の歯の根の中央あたりで横道(穴)が開いており、そこから感染が生じていました。大きな病変をその横道(穴)から消毒し、なんとか歯を抜かずに保存することが出来ました。

AFTER

これまでノンメタルの材料では強度の問題から不可能だった奥歯のかぶせ物、それも歯がないところをつなげるブリッジでさえ、このようにピッタリとした精度の高いセラミックスによる修復が可能になりました。

AFTER

前歯のほとんどの面にコンポジットレジンというプラスチックが貼りついていました。 歯の形や長さ、歯並びも改善したいとのご希望でしたのでラミネートベニア修復を行いました。

AFTER

歯の根っこがプクっと腫れ、歯磨きをするといつもそこから出血していました。根の下(根尖部)にできたかなり大きな病変が原因でしたが、徹底的な根管治療を行うことによって、治癒させることができました。

AFTER

古くなり変色した差し歯をやりかえたい、とにかく歯を白く前歯に存在感を持たせたい、、とのご希望でした。可能な限りご要望を取り入れる形でオールセラミックスによる審美修復を行いました。

AFTER

根の先に病巣のある向かって右側の前歯には、太くて長い金属の芯が根の下の方まで接着されていました。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた歯根端切除術によって出来るだけ歯を残す治療を行いました。

AFTER

根が奥深くまで割れていて、抜いてインプラントしかないと言われてきました。歯周病治療、根管治療、矯正治療を併用しながら、なんとか抜かずに修復することができました。

AFTER

向かって左側の差し歯(オールセラミックス)が暗く艶がないためずっと気になっていたとのことです。他の歯と調和した透明感のある自然な修復が実現できました。

AFTER

歯の根の奥深くまで虫歯に侵され、数件の歯科で抜くしかないと言われてきた症例です。確かにとても厳しい状況でしたが、矯正治療を併用、なんとか抜かずにご自身の歯を活かすことができました。

AFTER

他医院で咬み合わせの治療を受けられ、奥歯にはセラミックスが入っていました。出来るだけご自身の歯を傷めることなく咬み合わせを再構築する事と、審美的な改善を両立させました。

AFTER

歯と歯の間は物が詰まりやすく虫歯になりやすいです。そこにパッチワークのように樹脂を貼り付けてしまうと、虫歯が再発し、かえって歯を傷めてしまうこともあります。ラミネートベニアですっきり修復を行いました。

AFTER

金属のかぶせの中が虫歯になり全て取れてきました。できるだけ残せる歯は抜かないで活かし、コーヌス義歯という違和感が少なく、見た目にも自然な手法で治療を行いました。

AFTER

根管治療はその根の中の管が複雑に曲がりくねり、いくつにも枝分かれしているため、難しい治療のひとつです。今回はなかなか治癒しなかった難治性の病変に対しマイクロスコープを用いた根管治療を行いました。

AFTER

歯茎のプクッと膨れた病変の出口から造影用のポイントを挿入し、どの歯が原因なのかを調べたところ、最初一本と考えられていた原因の歯の病変が、実は根っこで隣の歯とつながっていることが確認できました。

あなたの歯の悩みを院長に質問する

歯のお悩み 虫歯を治したい
歯のクリーニングをしたい
歯ぐきを治したい
歯並びを治したい
歯を白くしたい
義歯を作りたい
かみ合わせを治したい
他院での不満
歯のお悩みについてご自由にお書きください。
お名前
(匿名可)
ご返答する
メールアドレス

※メールアドレスは正確にご入力ください。
間違えますとメールのご返信が出来なくなります。
確認用
メールアドレス再入力

※コピー&ペーストせずにご入力ください

ナチュラルクリニックOSAKAプライバシーポリシー