大阪・梅田の精密審美歯科・一般歯科【ナチュラルクリニック大阪】 > 私たちの診療方針 > 美しくできるだけ自然な修復治療

診療日と開院時間

10:00~18:00
(13:00~15:00休診)
休診日:月曜日・日曜・祝日

This div will be turned into a dynamic clock

お電話でのお問い合わせ

ご予約のお申込みや、診療システムに関するご質問は、お電話でお気軽にお問い合わせください。 なお、学会準備などで休診とさせていただくことがございます。不在の場合は留守番電話にお名前とメッセージ、ご覧絡先電話番号をお入れくださいませ。

電話でのお問い合わせ 06-6343-4618

治療例ノート

Natural Clinic 公式facebook

美しくできるだけ自然な修復治療

虫歯や歯周病の再発を防ぎつつ、
できるだけ自然で美しい修復を心がけています。

皆さんは審美歯科というとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

テレビや雑誌などでもよく取り上げられていますが、「美容的な目的で短期間に白くきれいな歯並びを作ること」といった紹介のされ方がとても目につきます。

見せかけのきれいな歯並びや、一時的な美しさを追い求めるがあまりに、本来の歯が持つ大事な機能を損なってしまうようなことは絶対に避けなければなりません。

適切な歯周病治療や虫歯治療を行い、その後の噛み合わせのバランスなど機能をも重視した精度の高い修復がなされるべきで、その基礎治療の上に、できるだけその方の個性にあった審美歯科治療を行うべきであると考えます。

上記の理由により私たちナチュラルクリニックOSAKAでは、いわゆるクイック矯正と呼ばれる美容目的の為だけに健康な歯の神経を抜いて差し歯にする手法や、歯の上から被せるつけ歯(前歯や八重歯)、歯のピアス、歯のマニュキアなどは患者さんがご希望されても行なう事はありません。 それらは歯の機能や健康を損なう怖れがあると考えるからです。 たとえ見た目を良くしたいからといって、その大切な歯を傷めてしまうような事はできるだけ避けなければならないのです。

あくまでも治療することにより、その歯が治療前の状態より 長持ちする事を目指します。

適切な歯周病治療や虫歯治療、また噛み合わせ治療など機能回復を行うことにより、歯や歯茎などの歯周組織は本来の健康を取り戻し、結果として見た目に美しい状態に落ち着きます。 その事をクリニックの実際の症例を通しご説明させていただきます。

実際の治療例1重度の歯周病を噛み合わせ治療後、オールセラミックで修復。

歯と歯の間の歯茎が赤く腫れており、重度の歯周病です。
数年前より歯茎から出血するようになり、怖くて歯磨きも疎かになってきたとの事でした。また、真ん中の歯がだんだん開いて隙間が目立つようになり、話すと空気が漏れ発音しづらい事もお悩みでした。

下の歯にも黄色くざらついた歯石がべったりと沈着しており、その周囲の歯茎が赤く腫れているのがわかります。 まずは歯科衛生士による基本的な歯周病治療を行い、患者さんと二人三脚で治してまいります。

最初の歯周病治療のみでここまで綺麗になりました。
歯石を丁寧に取り除き、また患者さんにも日常のホームケアを励行していただいた事で、かなり歯茎の腫れや出血が収まってきました。古い被せ物がある上顎だけでなく、下の天然歯の歯茎の炎症もみるみる治り、健康に引き締まってきました。
このように歯科衛生士によるクリーニングや患者さんの歯磨きの仕方ひとつで歯周病の進行を止めることが可能なのです。

咬み合わせ治療も並行して行います。
青く印記された部分が噛み締めた時に強く当たるところです。左右でかなりバランスが崩れていることがわかります。
この咬み合わせの不具合によって歯周病が悪化したり、歯がぐらぐら動いたり、今回のように位置が移動してしまったりする事もあります。
つまり歯周病を完治させ、その再発を予防するためには、この咬み合わせ治療をしっかりと行っていくことがとても大切なのです。

治療後です。明るく健康的な口元になりました。
真ん中二本はラミネートベニアを用い、単独で修復いたしました。虫歯があった歯は、全て神経を抜かずに治療が行われています。
今回のような歯周病治療後にはセラミックスによる修復が歯茎の健康を維持する助けとなります。それはセラミックスが金属やレジンなど他のどの材料よりも歯茎との親和性に優れているからです。
患者さんには口元を気にしないで笑うことができるようになったととても喜んで頂けました。

実際の治療例2詰め物で継ぎはぎだらけの歯を、ラミネートベニアで。

横から見ると、凸凹と並びが不自然な状態です。
笑った時に見える前歯の、左右の歯の幅や長さが非対称性であり、表情が暗く映ってしまいます。 また詰めてある部分が変色し、あちこちにパッチワークのような段差が認められます。
歯の形や長さ、突出感を変えることと、歯茎の健康を回復させる必要があることから、オールセラミックスによるラミネートベニア修復を計画しました。
これは従来の差し歯などによる治療に比べ、歯の神経を抜くことはなく、また削る量も最小限で済ませることができる手法です 。

コンタクトレンズのように薄いラミネートベニア。
虫歯治療や歯周病治療を行ったあと、さらに仮歯を用いて理想的な歯並びを模索していきます。
見た目に美しいだけでなく、治療後歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病の再発を防ぐような形に調整していきます。
その仮歯の情報を元にセラミックスを用いてコンタクトレンズの様に薄いラミネートベニアを作製いたします。

治療後です。美しい口元が戻りました。
横から見たときに、前歯と下唇の関係を重視します。治療前と比べて下唇のカーブに沿った自然な歯並びに改善されていることがわかります。

また凸凹した歯並びの悪い感じが無くなり、すっきりとした美しく自然な口元の印象が取り戻せました。

正面からアップで見ていただいても、その自然な形態や色調、歯の細かな構造まで再現したリアリティーあふれる質感は、とても人工物がそこにあるとは思えない印象です。
また治療前、パッチワークのような詰め物で、食物が詰まりやすく歯磨きがしにくい状況であったのが、精密なラミネートベニア修復によって一変し、歯茎はもともとの引き締まった健康な状態に回復しています。

笑顔に自信が持てるようになったと、とても喜んでいただきました。

あなたの歯の悩みを院長に質問する

歯のお悩み 虫歯を治したい
歯のクリーニングをしたい
歯ぐきを治したい
歯並びを治したい
歯を白くしたい
義歯を作りたい
かみ合わせを治したい
他院での不満
歯のお悩みについてご自由にお書きください。
お名前
(匿名可)
ご返答する
メールアドレス

※メールアドレスは正確にご入力ください。
間違えますとメールのご返信が出来なくなります。
確認用
メールアドレス再入力

※コピー&ペーストせずにご入力ください

ナチュラルクリニックOSAKAプライバシーポリシー