大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

私たちの診療方針CLINIC POLICY

私たちの診療方針できるだけ歯を削らない歯科治療

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

できるだけ歯を削らない歯科治療

できるだけ歯を削らない、神経を抜かない、
歯に優しい修復治療を行います。

写真

生体の中で自己再生できない組織が3つあります。歯のエナメル質はそのひとつで細胞自体が無いため一度削られると二度と再生できません。 私たちが金属が入っていたり、虫歯に侵されてしまっている部分を慎重に削り、健康な歯質は最大限残すことを一番大切に考えているのはそのためです。

歯の神経を取るとその歯の寿命は一気に短くなってしまいます。また、根っこだけになってしまった歯でも、抜いてしまうと両隣りの歯の負担が増え、噛み合せにも悪い影響を与えます。

深い虫歯でも従来のドリルではなく、スプーンのような器具を用い、ていねいにゆっくり時間をかけて虫歯菌の取り残しがないように、またできるだけ神経を刺激しないように配慮しながら少しずつ削っていきます。できるだけ歯を削らない、歯を抜かない、神経も抜かないという治療を基本とする考え方は、患者さんの健康をもっとも大切に考えていきたいという私たちの願いから生まれました。

私たちナチュラルクリニックOSAKAの前身となるクリニックから数えて20年ほど取り組んできました。まだ日本においてはあまり強い力のかからない前歯においてでさえ金属の裏打ちのあるメタルボンドによる修復が主流だった時代からノンメタル(メタルフリー)による治療を行なってまいりました。

私たちはその経験からノンメタルによる修復を長期間にわたりいい状態に保つためには、以下のような出来るだけ歯に優しい歯科治療を実践していくことが不可欠であるといった結論に達しました。

写真

スプーンエキスカベーター(LMインスツルメンツ社)

虫歯治療に先立って、まずできるだけ歯ぐきなど歯周組織の状態を健全に回復すること。

強度が維持可能な範囲で、虫歯に侵された部分以外の自然な歯をできるだけ削らないこと。

できるだけ無菌下で切削処置を行い、歯の神経を残すことに全力を尽くすこと。

複数の修復物を装着する場合、できるだけ一本ずつ確実に行い、その都度十分な研磨をすること。

かみ合わせの調節は単に高いか低いかだけでなく、反対の歯がどのような角度で咬みこむか、どのようなベクトル(方向)で力がかかるかを調べ、それによって形態を整えること。

これら基本に忠実な修復治療を行うことができたもののほとんどが、長期間にわたって虫歯や歯周病にならず、また修復材料も安定した状態で問題なく維持できています。

それではこの歯に優しい歯科治療を実践するためのキーワードはなんでしょうか?
思いつくのは『丁寧』『慎重』『確実』といったところです。
そしてこれらキーワードに共通するものは『時間』です。

写真

残念ながら今の日本の健康保険ではこの『時間』に対する評価はありません。一本の歯の虫歯治療に、一時間じっくりかけるのと10分で済ませるのとで、その治療費に差が生じることはないのです。
赤字覚悟のボランティアであれば保険内でそういった時間をかけることも可能ではありますが、医院を維持していくのに必要な採算性を度外視するわけにもいかず、現行保険の評価の中では良質な医療を提供するのに限界があるといえます。

これが自由診療(保険外診療)を選択された場合には異なってまいります。私たちナチュラルクリニックOSAKAでは、治療にかける時間は、あくまでもその歯にとって理想的な治療の行程に必要な時間全ての合計で決められています。虫歯の取り残しがないように『丁寧』に、歯を削り過ぎないように『慎重』に、虫歯が再発しないように『確実』に…。こうした虫歯一本の治療に対し、最低でも一時間から一時間半程度のご予約を確保させていただいております。

また末期的な根っこだけになった歯を抜かずに根管治療を行うためには、一度に二時間以上の治療を行うこともあるのです。そしてそれだけの時間をかけられるからこそマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)などを効果的に活かすことができ、精密な修復処置が成功するのです。
大切なのは時間を目的化せず、本来の目的である理想的な治療をできるだけ『丁寧』で『慎重』に行って可能な限り『確実』に行うことで、その歯を再治療せずに、長く持たせることが初めて可能になってくるといった事です。

よく保険と自費の違いは『治療する部位や、詰めたり被せたりする材料の違いだけ』という誤った認識が蔓延しています。もちろん材料や使用する機器などが違うというのは事実ですが、こうした『時間』の要素が実は大きなウェイトを占めているということを是非知っていただきたいのです。