大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

よくある質問FAQ

よくある質問ノンメタル治療について

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

ノンメタル治療に関するご質問

金属は歯やからだによくないと聞いたのですが、全て外して頂けるのですか?

ナチュラルクリニックOSAKAでは虫歯で侵されてしまった歯の治療などで必要な場合、金属を外す治療を行います。ノンメタル歯科専門といっても治療計画を立てる際の手順は一般の歯科となんら変わることはありません。

まず歯周病治療やかみ合わせの不具合の修正を行い、虫歯の進行の大きなところ(放置しておくと歯の寿命にかかわるようなもの)から優先順位を立て、計画的に治療を進めてまいります。

さらに歯周病も虫歯も全て治った後、審美性や金属アレルギーの予防のためなどにおいて、虫歯でない金属を外すことを強く希望される場合は、ご相談をお受けさせていただくこともできます。

虫歯になりにくいようにするために金がいいと聞いたのですが?

奥歯の詰め物などに昔からよく金合金が使われています。歯の形にピッタリと合わせることができ、また箔のように薄く延ばせるため、とても虫歯になりにくい材料です。審美的に問題の無いところで、強度が必要とされる場合、またその方がとくに金属アレルギーが無く、他の場所にいわゆるガルバニー電流(異種金属の電位差によって生じる電流)の元となる他の金属充填物が無ければとてもいい選択肢の一つです。

しかしながら、ほとんどの方の口腔内には既に多種にわたる歯科金属材料が詰められております。また今は症状が無く大丈夫に見えても、近い将来環境や体調の変化により金属アレルギーを引き起こされるかもしれません。

最近のセラミックス修復物の強度や精度は以前に比べ格段に向上してきており、金合金に比べても遜色はなく、十分に満足いく結果が得られるようになってきました。

ナチュラルクリニックOSAKAでは、患者の皆さんの将来に亘るからだの健康をもっとも大切に考え、ノンメタルの歯科医療をご提案し続けています。

奥歯にはセラミックスだけでは強度が不足するので、メタルボンド (金属にセラミックスを焼き付けたもの)がいいと聞いたのですが?

ナチュラルクリニックOSAKAではそれぞれの患者さんにおいて、最も適した材料や修復法をご提案しています。奥歯のかぶせには主として高強度タイプのオールセラミックスをおすすめしています。これは特殊な工程によって高い精度で作られ、とても虫歯になりにくく、また内面をジルコニアによって補強するため奥歯においての強度もまったく問題ありません。

さらに外側にまかれるセラミックスはメタルボンドで焼き付けられるものよりも軟らかいものが使用可能となり、かみ合う反対の歯に対する影響にも配慮できます。かぶせるために歯を削る量も、金属の厚みが必要ない分メタルボンドより少なくて済みますので、ノンメタルのよさを活かした治療をご提案させていただけます。

子供を通わせている歯科で乳歯にアマルガムを詰めるといわれたのですがよくないのでしょうか?

アマルガムに関しては海外でも賛否両論いろいろな意見があり、まだまとまっていないのが事実です。その使用は長い歴史があり、適切に使われたものは、高い抗う蝕作用(虫歯になりにくさ)と強度によって、長期にわたり良好な状態を維持することができます。反面使い方を誤りますと、ぽろぽろ取れてしまい、かえって虫歯になりやすくなったり、体内に取り込まれ人によっては金属アレルギーの原因となります。

今は乳歯と同じような硬さで見た目にも白いコンポジットレジンが使えます。もしアマルガムに対して不安をお持ちでしたら一度相談されてみてはいかがでしょうか?。

金属アレルギー検査のパッチテストで亜鉛に反応が出ました。亜鉛を含む口の中の金属を外したほうがいいのでしょうか?

パッチテストで理解していただきたいことは「検査で陽性となった金属」=「症状の原因の金属」では必ずしもないということです。ですからすべての口腔内の金属を外したからといって皮膚症状が必ず治るというものではないのです。また、パッチテストが陰性だからといって「使って安全」とも言い切れないのです。

これは長期間金属を入れていて、からだ全体が金属イオンに浸かっている状態だと正確に反応しないことがあるためです。ちなみにパッチテストでの亜鉛の金属アレルギー陽性率はとても高く非常に判断が難しいとされています。

毛髪検査で金属アレルギーかどうか調べてもらえるのでしょうか?

毛髪から体内の有害ミネラル(ヒ素・鉛・水銀など)の蓄積度を推測することは可能ですし、必須ミネラルの過不足もチェックできるためその点では有効な検査と言えます。

しかしながらその人がその金属に反応する体かどうかを調べることではありませんので、金属アレルギーの検査にはなりません。

チタンはアレルギーを起こさないのですか?

チタンは非常に生体適合性の高い金属ですが、他の歯科用合金に比べると今まで使われる機会が少なかったため、アレルギーを発症するといった報告はあまり見られませんでした。

しかし最近になって歯科インプラントの材料としてよく使われるようになり、それに比例してチタンアレルギーの臨床報告もしばしば行われるようになってきました。

またチタンそのものは安定しイオン化傾向が低くても、口腔内に他種の金属が入っている場合にはその金属との間に電位差が生じ、いわゆるガルバニー電流によってその金属をイオン化させ口腔内に溶出させることが知られています。

チタンによるインプラントを行う方は、すでに他の歯を他種の金属により治療している場合が多く、お口全体で考えた場合にはインプラント治療によって金属アレルギー発症のリスクを高めることになると言えます。