大阪・梅田の精密審美歯科・一般歯科【ナチュラルクリニック大阪】 > 実際の治療例 > お口全体の咬み合わせと見た目を改善したケース

診療日と開院時間

10:00~18:00
(13:00~15:00休診)
休診日:月曜日・日曜・祝日

This div will be turned into a dynamic clock

お電話でのお問い合わせ

ご予約のお申込みや、診療システムに関するご質問は、お電話でお気軽にお問い合わせください。 なお、学会準備などで休診とさせていただくことがございます。不在の場合は留守番電話にお名前とメッセージ、ご覧絡先電話番号をお入れくださいませ。

電話でのお問い合わせ 06-6343-4618

治療例ノート

Natural Clinic 公式facebook

お口全体の咬み合わせと
見た目を改善したケース

メタルフリー・インプラントフリー
歯とからだに優しい治療をご覧ください。

AFTER

他医院で咬み合わせの治療を受けられ、奥歯にはセラミックスが入っていました。出来るだけご自身の歯を傷めることなく咬み合わせを再構築する事と、審美的な改善を両立させました。

治療ステップ1

治療前です。セラミックスが欠けたり割れています。

咬み合わせが悪く、夜になると強く咬み締めてしまい、気になって不眠が続いているとの事でした。

咬み合わせ治療を専門に行っているところで数年前に全て治療を終えられましたが、しばらくして被せたセラミックスが欠けてポロポロ取れてきたとの事です。

歯の神経を抜いて差し歯にする事に抵抗があり、前歯のすきっ歯もそのまま放置されていました。

治療ステップ2

レントゲンで細かく診査を行います。

これは左上奥歯のレントゲン写真です。右から2番目の歯が根っこの内部まで虫歯が進行しているのと、また歯が割れている部分もありました。

当院を受診する前の大学病院での相談では、歯を抜いてインプラントを勧められたとの事でした。

治療ステップ3

なんとか抜かずに残す方向で治療スタートしました。

歯が残せるか、抜かないといけないかによって、その後の治療計画も変わってきます。今回は患者さんのわずかな望みであっても抜かずに残すほうにかけたいとの強いご希望で、根の消毒の治療から行っていくことになりました。

写真は上部の土台を外したところですが、まだ根の下のほうまで黒く虫歯に侵されている部分が続いて見えます。

治療ステップ4

簡単な矯正治療によって歯を引き上げます。

虫歯の部分が根の下奥深くまで入り込んでいる場合、そのまま被せなど人工物を入れることはできません。虫歯や歯周病の再発のリスクが高すぎるからです。

適正と思われる位置まで写真のような部分的矯正装置を用い、歯根を上方へ引き上げてまいります。これにより、歯磨きがしやすく長期的な維持が可能なセラミックスを装着することが可能になります。

治療ステップ5

仮の歯を作ってお口全体のバランスを調整します。

左の写真は診査に基づいて製作された第一回目の仮歯です。この時点ではまず奥歯の咬み合わせの調整を目的としています。

新しい咬み合わせに体がなじんできましたら、前歯を含めお口全体の仮歯を作り直して審美的な改善も図ってまいります。

治療ステップ6

しっかりと咬める位置に調整していきます。

食事をする時に作用する筋肉や顎の関節に無理がかからない位置で、かつ咀嚼しやすい高さや角度の調整を行ってまいります。

理想的には写真のように顎を横に動かしたときに犬歯同士が滑走し、奥歯を守る役目をもたせます。今回のように、もともとの歯並びが悪いケースでは、特に慎重に調整を繰り返していきます。

治療ステップ7

オールセラミックスの被せ物です。

適正な咬み合わせと歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病を予防できるような形に仮歯を修正し終えますと、その最終形態を本歯であるセラミックスへ置き換えてまいります。

私達はこういった咬む時の強い力がかかる奥歯においても、金属をまったく使用しないオールセラミックスを適用いたします。

虫歯や歯周病になりにくい精密さと、欠けたり割れたりしない十分な強度を併せ持つ体に優しい材料です。

治療ステップ8

治療後のレントゲン写真です。

右から2番目、割れていた根の下の消毒もうまくいき、内部の感染の進行を止めることができました。

根の長さはとても短く、虫歯の治療の後(白く見える部分)もかなり深いところまで覆われていますが、なんとかぎりぎり歯を残すことが可能になりました。

治療ステップ9

治療直後の状態です。前歯の隙間もなくせました。

患者さんのご希望を最大限お聞きし、全ての被せ物は歯の神経を抜いたり差し歯にすることなく、出来るだけ歯の寿命に配慮した治療を行っております。

前歯のすきっ歯だったところも、ブリッジにて無事審美修復を終えることができ、見た目にもとても喜んでいただきました。左の奥から2本目のところはまだ歯茎のくぼみが治りきっていません。

治療ステップ10

治療後8年経過の状態です。奥歯も安定してきました。

定期健診に来られた時の写真です。ほぼ半年ごとに経過を追ってまいります。

治療直後に残っていた左上奥から2番目の歯茎のくぼみは既に完全に治癒しており、さらに患者さんのお手入れがしやすくなっています。

その部分を大きく拡大した下の写真でも、わずかな磨耗面は見られますが、ほとんど咬み合わせの面の変化は認められません。

このようにお口全体の適正な咬み合わせの状態をきちんと設定することができますと、治療された直後の状態を長期間に渡って維持することが可能になります。

患者さんは毎晩ぐっすり眠れるようになり、長年のストレスから解放され、お子さんを授かることも出来たと、とても喜んでいただけました。

あなたの歯の悩みを院長に質問する

歯のお悩み 虫歯を治したい
歯のクリーニングをしたい
歯ぐきを治したい
歯並びを治したい
歯を白くしたい
義歯を作りたい
かみ合わせを治したい
他院での不満
歯のお悩みについてご自由にお書きください。
お名前
(匿名可)
ご返答する
メールアドレス

※メールアドレスは正確にご入力ください。
間違えますとメールのご返信が出来なくなります。
確認用
メールアドレス再入力

※コピー&ペーストせずにご入力ください

ナチュラルクリニックOSAKAプライバシーポリシー