大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例笑った時に気になる銀歯をセラミックスに

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

笑った時に気になる銀歯をセラミックスに

写真

下の奥歯にパラジウム合金でできた、金属の詰め物がありました。笑ったときにちらっと見えてしまうこの銀歯がとても気になるとの事でした。美しくまたピッタリとした精度の高いオールセラミックスで修復いたしました。

治療ステップ 1

日本の保険診療でよく見かける銀歯です。

写真

このように複雑な形をした修復物で奥歯の虫歯を治療する場合、虫歯や歯周病になりにくい精度や咬む力に十分耐えることのできる強度を求めるなら金合金による修復も考えられます。


しかしながら、下の歯では笑ったときに金属が見えてしまうのが気になったり、アレルギーの問題等でお口の中の詰め物をすべてノンメタルでと希望される方には不向きといえます。


治療ステップ 2

金属を外して虫歯の大きさを診査

写真

金属の詰め物を取り外した直後の状態です。すでに大きな穴が開き、虫歯に侵されているのがよくわかります。主に茶色くなっているところが細菌に侵された部分です。


このように一見虫歯が無いように見える金属の詰め物やかぶせを外しますと、知らない間に内部で大きな虫歯が発生していることがしばしば見受けられます。


治療ステップ 3

歯の中の神経を傷めないように配慮

写真

神経のある歯の虫歯治療を行うとき、熱による刺激を最小限にすることが大切です。


そのためには大まかなところをドリルで取り除いた後、深い部分に対してはスプーンエキスカベーターという小さな器具を用い、ハンド作業にて慎重に削っていく必要があります。


時間と労力はかかりますが、歯を守るためにはとても大切なステップです。


治療ステップ 4

スマートバーを用い健全な歯質をできるだけ保護

写真

虫歯に侵されている部分と健全な部分を目で見分けることが困難な場合があります。


ポリマーレジンを応用したこのスマートバーは、虫歯で侵され軟らかくなった歯質よりは硬く、健全な歯質よりは軟らかく調整されています。


私達はこのスマートバーをできるだけ健全な歯質を無傷で残すために使用しています。


治療ステップ 5

ヒールオゾンを用い徹底した除菌を

写真

歯の象牙質の中には目に見えない細い管(象牙細管)が無数にあり、それらは虫歯の存在している面に口を開けています。電子顕微鏡などで見ると、この管の内部にまでミクロ単位の虫歯菌が侵入している事がわかっています。


私たちは徹底した修復治療を行う上で、これらマイクロバイオロジーレベルの除菌に対しても万全を期したいといった考えから、まだ日本では導入の少ない(独)カボ社製ヒールオゾンを導入しています。

写真

このようにシリコンキャップで密閉された歯面全体に数十秒オゾンを作用させるだけで安全確実に除菌することが可能になり、内部からの虫歯再発を防止します。


さらにオゾンを照射された歯面に特殊なフッ素入りの薬剤を作用させることによって自然治癒力による再石灰化を促すよう配慮しています。


治療ステップ 6

人工エナメル質をコーティングし、歯質の補強を。

写真

唾液中には虫歯原因菌(ミュータンス菌)が数多く存在し、修復物のわずかな隙間から容易に再感染します。


私達は適切な接着システムを駆使し、何層にも人工エナメル質を築成する事によって外部からの感染を防止しています。


これは接着補強効果(スキーの合板やホーロー鍋に似た積層効果)によってセラミックスとの接着強度を高め、残っている歯が割れないようにする為にも大事なステップです。


治療ステップ 7

シェードガイド(色見本)からできるだけ自然な色調を。

写真

私たちは写真のような色見本を100種類以上そろえています。


これらの中から治療を行う歯に最も適した色合いのセラミックスが作製されるよう電子機器による色調測定、デジタル写真のコンピューター解析、技工士の方による立会いなど、高品位な修復治療実現のための取り組みを行っています。


治療ステップ 8

治セラミックスの詰め物を作製

写真

今回のセラミックスは、その製作過程においてゴールドインレーなどと同様ロストワックス法という高い精度が得られる手法により作られたものです。


これによって歯型にピッタリと合わせることができ、治療後の虫歯や歯周病の再発を防止することができます。


すべて丁寧な手作りで完成したオールセラミックスの詰め物。とても美しく繊細な仕事がなされています。


治療ステップ 9

見た目だけではなく咬み合わせにも配慮を

写真

奥歯三本にセラミックスが入りました。


治療ステップ2の大きな穴が開いた写真をもう一度ご覧ください。患者さんの残っている自然な歯質にとてもよく調和した理想的な修復が可能になりました。

写真

横から見た写真では歯茎に接するところも隙間がなく、非常に虫歯や歯周病になりにくい状態です。


装着後の噛み合わせ調整も丁寧に時間をかけて行います。


反対側の歯の噛みこむ位置、噛みこむ角度(方向、ベクトル)、噛んでから左右、前後に顎を動かすときの力のかかり具合、セラミックスの厚みや残っている歯質にサポート(支持)されているかどうか、選択した修復材料の特性などあらゆる観点から検証し、大事なご自身の歯と美しい修復物の両方が、長期間にわたってお口の中で調和できるよう細心の注意がはらわれます。