大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例歯をできるだけ削らない オールセラミック製ブリッジ。

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

歯をできるだけ削らない オールセラミック製ブリッジ。

写真

根っこだけになった歯を抜いた後、ブリッジにするなら両隣の歯の神経を抜かないといけない、それが嫌ならインプラントしかない、と言われてきました。こういったケースでも高強度タイプのセラミックスが役に立ちます。

治療ステップ 1

ブリッジかインプラントかで悩まれて来られました。

写真

真ん中の小さな根っこだけになってしまった歯を抜くことは仕方がないのですが、両隣の歯を大きく削らないといけないことには抵抗があったとの事です。


またインプラントの場合、顎の骨をドリルで削る事にも不安があり、もし、できるだけ歯を削らずにブリッジができるならそれが最も希望する治療方法だとのことでした。


治療ステップ 2

仮歯を用いて削る量をシュミレーション

写真

奥の歯にはすでに虫歯があったため、その部分をしっかり取り除く事と、最低限の強度や接着面積を確保する為のシュミレーションを模型上で行いました。


外側(ほっぺた側)から見ますと、見える部分の殆どが削られていないことが判ります。患者さんは削除量がこの程度で済むのであれば、ぜひブリッジで治してみたいとご希望されました。


治療ステップ 3

オールセラミックス製のブリッジです。

写真

金属の補強などを一切用いないオールセラミックスです。


真ん中の歯のない部分をブリッジのダミーと言いますが、その歯の形、大きさに対し、いかに両隣の歯に接着する面積が少ないか、すなわち削られた歯の量が少ないか、お判りいただけると思います。


治療ステップ 4

透明感のある見た目にも自然な修復を。

写真

こういったブリッジを金属やジルコニアの補強フレームを用いて作製しますと、このような周囲の歯の色に調和した見た目にきれいな結果を望むことは出来なくなります。


私達は、噛む力に耐えることのできる強度だけでなく、透明感ある美しい審美性を併せ持つオールセラミックス材料を10種類以上ある素材の中から選択することが可能です。