大阪・梅田の精密審美歯科・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例インプラント以外でも違和感の無い義歯で

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

インプラント以外でも違和感の無い義歯で

写真

金属のかぶせの中が虫歯になり全て取れてきました。できるだけ残せる歯は抜かないで活かし、コーヌス義歯という違和感が少なく、見た目にも自然な手法で治療を行いました。

治療ステップ 1

根っこだけになっている歯をすべて抜く事になっていたそうです。

写真

以前かかられていた歯科では、この虫歯になって折れてしまっている歯をすべて抜き、インプラントにする事を勧められていました。


確かに根の中まで虫歯が進行し、どうしても抜かないといけない歯がありましたが、残せる歯はできるだけ活かし、違和感の少ないコーヌス義歯にて修復を行う計画を立てました。


治療ステップ 2

模型を使ってシュミレーションします。

写真

まず、現状の歯型を採らせていただき、理想的な治療後の状態を石膏模型上でシュミレーションいたします。


見た目だけでなく、上の歯と下の歯の咬み合わせも考慮に入れ、歯や顎の関節に負担をかけることなくお食事がしやすいバランスをとります。

写真

それらのシュミレーションを基に仮の歯を作製します。今回はできるだけ違和感がなく、快適にお食事もとりやすいコーヌス義歯という形を採用いたしました。


これは残っている歯にも無理な力がかからない手法で、歯にとても優しい義歯だといえます。


治療ステップ 3

コーヌス義歯の内冠を製作します。

写真

まず残すことができた歯の土台に小さな内冠という被せを装着します。これはファインセラミックスであるジルコニアを用いて作製されています。


コーヌス義歯とは、この内冠に義歯に埋めこまれ一体化されている外冠が適合することにより、義歯が外れないような維持力を得るものです。


治療ステップ 4

コーヌスの外冠と義歯部分です。

写真

歯の被せの形をした外冠と歯のないところを埋める義歯部分とが、あたかもブリッジのように連結されています。


これにより見た目に美しいだけではなく、通常の義歯において見られる義歯と歯茎や残っている歯との間の段差や隙間が無くなり、虫歯や歯周病の再発を防ぐことができます。


治療ステップ 5

治療後です。違和感が無く、見た目にも美しい義歯です。

写真

ジルコニアファインセラミックを用いて完全にノンメタルで作られたコーヌス義歯。
このようにかぶせと義歯が一体となった構造で違和感がほとんどありません。


取り外し式の義歯でありながら残っている歯に無理な力がかからず、長期間にわたって良好な状態を維持します。

写真

上の歯との咬み合わせも、治療前のシュミレーション通りでお食事しやすい状態が得られ、今まで食べられなかったアワビのような固い種類のものも楽に噛み切れるようになったとの事です。


患者さんは、できるだけ自分の歯を残せたことと、インプラントを行わずに咬み合わせなど機能面でも満足いく結果を得られたことに対し、とても喜んで下さいました。


[ 治療後の経過 ]

写真

現在治療後10年半が経過致しております。 写真で見られますように義歯床の部分に若干の変色が認められますが、コーヌス支台歯の方は歯茎がやせることもなく安定しております。
今後も患者さんと二人三脚、定期的にかみ合わせ、清掃性のチェックを行って参ります。