大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例重度の歯周病を咬み合わせ治療後オールセラミックスで修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

重度の歯周病を咬み合わせ治療後オールセラミックスで修復

写真

隙間や段差のある被せ物や、咬み合わせの悪さが原因で重度の歯周病に罹っておられました。適切な歯周病治療と咬み合わせの調節、その後のセラミックス修復により健康な歯茎を取り戻すことができました。

治療ステップ 1

歯と歯の間の歯茎が赤く腫れており、重度の歯周病です。

写真

数年前より歯茎から出血するようになり、怖くて歯磨きも疎かになってきたとの事でした。また、真ん中の歯がだんだん開いて隙間が目立つようになり、話すと空気が漏れ発音しづらい事もお悩みでした。


下の歯にも黄色くざらついた歯石がべったりと沈着しており、その周囲の歯茎が赤く腫れているのがわかります。

写真

裏側から見てみますと、歯が抜けて無いところをブリッジでつなげてありました。


金属と歯との間には隙間や段差があり、虫歯にもなっていました。そこに食べかすが詰まってしまい歯磨きでは取りきれないため、歯茎が炎症を起こし腫れる原因になっています。


まずは歯科衛生士による基本的な歯周病治療を行い、患者さんと二人三脚で治してまいります。


治療ステップ 2

最初の歯周病治療のみでここまで綺麗になりました。

写真

歯石を丁寧に取り除き、また患者さんにも日常のホームケアを励行していただいた事で、かなり歯茎の腫れや出血が収まってきました。古い被せ物がある上顎だけでなく、下の天然歯の歯茎の炎症もみるみる治り、健康に引き締まってきました。


このように歯科衛生士によるクリーニングや患者さんの歯磨きの仕方ひとつで歯周病の進行を止めることが可能なのです。

治療ステップ 3

咬み合わせ治療も並行して行います。

写真

青く印記された部分が噛み締めた時に強く当たるところです。左右でかなりバランスが崩れていることがわかります。


この咬み合わせの不具合によって歯周病が悪化したり、歯がぐらぐら動いたり、今回のように位置が移動してしまったりする事もあります。


つまり歯周病を完治させ、その再発を予防するためには、この咬み合わせ治療をしっかりと行っていくことがとても大切なのです。


治療ステップ 4

オールセラミックスブリッジを作製します。

写真

適切な歯周病治療、咬み合わせ治療のあと、古い被せ物やブリッジの虫歯もしっかりと修復していきます。ここでも金属を一切使用しないオールセラミックスでブリッジを作製いたしました。


口腔内で腐食したりアレルギーを引き起こす心配も無く、段差や隙間も生じにくい為、いつまでも治療直後のいい状態を維持していくことが可能になります。


治療ステップ 5

治療後です。明るく健康的な口元になりました。

写真

真ん中二本はラミネートベニアを用い、単独で修復いたしました。虫歯があった歯は、全て神経を抜かずに治療が行われています。


今回のような歯周病治療後にはセラミックスによる修復が歯茎の健康を維持する助けとなります。それはセラミックスが金属やレジンなど他のどの材料よりも歯茎との親和性に優れているからです。


患者さんには口元を気にしないで笑うことができるようになったととても喜んで頂けました。


[ 治療後の経過 ]

写真

現在治療後10年半が経過致しております。 このように歯周組織も大変安定し、審美性も保たれています。


今後も患者さんと二人三脚、定期的にかみ合わせ、清掃性のチェックを行って参ります。