大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例できるだけ歯の神経を抜かない修復治療

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

できるだけ歯の神経を抜かない修復治療

写真

詰め物である銀歯と歯の間から虫歯が進み、大きな穴が開いています。歯の神経近くまで虫歯菌におかされていましたが、神経を抜くことなくセラミックにて修復を終えることができました。

治療ステップ 1

銀歯の隙間から虫歯が進行しています。

写真


金属の隙間から大きな穴が開いています。

現在日本のほとんどの歯科医院で、奥歯に型をとって詰め物するとなると、この銀色のパラジウム合金が使用されます。


写真でもお分かりいただけますように、明らかに歯と金属の間に段差が生じています。このほんのわずかな隙間から唾液中の虫歯菌が容易に歯の内部に侵入し、詰め物の中でどんどん歯を溶かしていきます。

写真

外から見ると白い歯の部分がたくさん残っているように見えますが、レントゲン検査では歯の神経に達するほどの実に大きな虫歯が内部で進行していました。


白く抜けて見えるのが金属の詰め物で、そのすぐ下の黒くなった影が虫歯によって溶かされた部分です。神経の管が歯の中央に黒い縦の線として写っていますが、虫歯とほとんどつながっているように見えます。

写真

さらにわかりやすく図で説明させていただきます。


左図の青い部分が歯の内部の神経がおさまっているところです。虫歯の部分を赤く表示しますとこのようにかなり深く進行していることが推測されます。


患者さんの症状としては冷たいお水にしみる程度でズキズキした痛みが無いとのこと。また歯の神経が生きているかどうか調べる機器では+の反応があったため、まずはできる限り神経を残す事にいたしました。


治療ステップ 2

金属をすべて取り除いたところです。

写真

金属を外した直後の写真でもこげ茶色の虫歯がかなり進行性であることが予想できます。


これを高速のドリルで削ってしまうと、わずか数秒で神経まで達してしまいます。


ここからは小さいスプーンのような器具(スプーンエキスカベーター)などを用い、ゆっくり慎重に削り過ぎないように、また発熱などの刺激を内部の神経組織に与えないよう細心の注意をはらいながら進めてまいります。


治療ステップ 3

虫歯だけを染め出して識別します。

写真

黒い部分が取り切れた後も虫歯菌に冒された軟らかい歯質が残っています。これは写真のように赤い虫歯の検知液を用いることで識別することができます。


この赤く染まった部分のみをさらに注意深く掻き出し、できる限り健全な歯質のみが残るようにしていきます。


時間がかかる細かな作業ですが、こういった従来から行われてきた基本的な術式をしっかり行うことが大切です。


治療ステップ 4

目に見えない顕微鏡レベルの除菌

写真

私たちはすべての修復治療において、(独)カボ社製ヒールオゾンを用い顕微鏡レベルの虫歯菌の除菌をいたします。


強い薬品で除菌する方法に比べ歯やからだにとても優しく安全な手法だといえます。


特に今回のような、従来までの手法ではどうしても神経を残す事が困難と思われるケースにおいてはとても有効に用いられます。


治療ステップ 5

オールセラミックスによる修復

写真

歯型を採って製作されたオールセラミックスを装着したところです。


これはレジン(合成樹脂)のように水を吸って変色したり、プラークの付着を引き起こしたりすることはなく、また金属のように腐食、変質やアレルギーを引き起こす心配もありません。


現在治療後8年半以上が経過していますが、歯の神経の生活反応は依然として高く、新たな虫歯の再発なども見られません。


これからも定期的に注意深くフォローアップさせていただき、できるだけこのいい状態が長く維持できますよう見守ってまいりたいと思います。