大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例虫歯の再発を防ぐオールセラミックス修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

虫歯の再発を防ぐオールセラミックス修復

写真

他医院で入れられたセラミックスが残念ながら歯型にピタっと合っていなかったため、その隙間から虫歯が再発していたケースです。できるだけ精密な型採りにより虫歯や歯周病の再発を防止していきます。

治療ステップ 1

治療前です。銀歯の左側にセラミックスの詰め物が入っています。

写真

治療前です。銀歯の左側にセラミックスの詰め物が入っています。


一見なんの問題もないように見える白い詰め物です。患者さんは食事の時冷たいものがしみたり、硬いものを咬むと痛みを感じるとのことでした。


歯を20倍以上に拡大して検査することができるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて調べてみると、銀歯と接する面の歯茎との境目に段差があり、そこから虫歯が歯の内部へ進行していました。

治療ステップ 2

銀歯を外してみたところです。

写真

銀歯と接していた面の歯茎との境目が虫歯によって茶色くなっています。


このような歯と歯の間は歯磨きがしにくい場所ですので、少しでも段差があったり、隙間が開いていると、ミクロン単位の虫歯菌が容易に侵入してしまいます。


一度詰め物の中で虫歯が進行を始めてしまうと、あとはいくら歯磨きを頑張ってもそれをくい止める事は出来なくなります。


治療ステップ 3

歯の神経近くまで虫歯が進行していました。

写真

茶色く虫歯におかされた軟らかい歯質を削っていきますと、かなり大きな穴が開いてきました。虫歯だけを染出す特殊な液と、小さなスプーンのような器具を用いて慎重に少しずつ進めていきます。


今回はなんとかギリギリ歯の神経を残すことができそうだと判断し、オールセラミックスによる修復を行うことにいたしました。


治療ステップ 4

顕微鏡レベルの虫歯菌に対してヒールオゾンで除菌を。

写真

歯の象牙質の中には目に見えない細い管(象牙細管)が無数にあり、電子顕微鏡などで見ると、この管の内部にまでミクロ単位の虫歯菌が侵入している事がわかっています。


私たちは、(独)カボ社製ヒールオゾンを用い、歯面全体に数十秒オゾンを作用させる事によって安全確実にこれらの虫歯菌を除菌し、内部からの虫歯再発を未然に防いでいます。


治療ステップ 5

虫歯になりにくいセラミックを作製するために。

写真

高速のドリルで歯を削りますと、どうしても凸凹した表面になってしまいます。その凸凹した面に合わせてセラミックスが作製されてくると、これをジグソーパズルのようにピタっと合わせることは困難で、どうしても隙間や段差が生じてしまうのです。


私たちは写真のように細かな超音波の振動を用いて歯を削り、表面がツルツルの状態でぴったりとしたセラミックスを入れるように工夫しています。


治療ステップ 6

歯型にぴったりと合った美しいセラミックス。

写真

セラミックスの種類も10種類以上の素材やシステムの中から、その患者さんのケースに最も適したものを選択するようにしています。


今回は噛む力が強い男性でかつ奥歯の修復でしたので、割れたり欠けたりしにくい高強度タイプのものを選びました。もちろん虫歯や歯周病になりにくいよう、歯型にぴったり合わせて製作されます。


治療ステップ 7

治療後です。歯茎との間に段差や隙間がありません。

写真

強度だけでなく、できるだけ見た目に美しい、自然な形態や色調を再現するよう努めています。


咬む面の細かな溝までひとつひとつに役割があります。それらをできるだけ忠実に再現することで結果として高い審美性も実現されてきます。

写真

ほっぺた側から見てみますと、ほとんど手前の歯と区別がつかないぐらい自然な仕上がりになりました。また歯型にぴったりと合った精度の高いセラミックスを入れることができ、治療後の虫歯や歯周病の再発を防ぐことが可能になります。


患者さんは、歯の神経を残せただけでなく、あたかも生えてきたばかりのような自然な歯に修復できたと大変喜んでいただきました。