大阪・梅田の精密審美歯科・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例重度の歯周病を根本治療し審美修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

重度の歯周病を根本治療し審美修復

写真

ほとんどすべての歯が重度の歯周病に侵され、歯茎が腫れて出血していました。このようなケースでは、根本的な歯周病治療をきっちり行い、再発を防止する対策を十分講じてから前歯の見た目をよくしていきます。

治療ステップ 1

頑張って毎日歯を磨いても出血が止まらないとの事です。

写真

今まで歯科医院でいくら歯石を取ってもらっても、またご自身で頑張って歯を磨かれても一向に歯ぐきの腫れや出血が収まらず、日に日に前歯の隙間が広がってきて、最近は見た目にもかなり支障がでてきたとの事でした。


また精密な歯周病検査をさせていただいた結果(左図)、いわゆる歯周ポケットがほとんどすべての歯の全周にわたり8ミリから10ミリ前後形成されている状態で、かなり重篤な歯周病に侵されていました。(通常健康な方の歯周ポケットの深さは2~3ミリ前後です)

写真

歯そのものにも歯ぐきのつけ根の部分にも、永年に亘るくいしばりによって生じたと思われる細かな横紋状の段差が無数に認められ、そこに食べかすが詰まり、歯茎が炎症を起こし腫れる原因になっていました。


治療ステップ 2

歯科衛生士による歯周初期治療のみでここまできれいに。

写真

左の写真はまだ外科手術することなく歯科衛生士による初期治療のみで歯ぐきの炎症を抑えたところです。


患者さんの日頃のお手入れも上手になってこられ、最初のころに比べて歯ぐきからの出血が収まり、赤みも取れて健康的なピンク色に引き締まってきました。


歯周ポケットも上の方はほぼ4ミリ程度まで減少し、歯茎を切って外科手術を行う必要がなくなってきました。


治療ステップ 3

仮歯を入れ、咬み合わせと見た目を良くしていきます。

写真

上の歯は矯正治療を併用して歯並びと咬み合わせの改善を図りました。前歯のすきっ歯が解消され歯磨きも行いやすくなりました。下の歯は歯茎の深いところで歯の段差があり、また歯の周囲の歯槽骨が凸凹吸収して歯周病の原因となっていたため歯周外科治療を併用いたしました。歯茎の治りも良好で、いよいよ仮歯をセラミックスに代えていきます。

治療ステップ 4

治療後です。歯茎が健康的に美しく引き締まりました。

写真

本歯には、奥歯のかみ合わせの高さを上げるためと、歯と歯茎の境目の横紋状段差を解消する必要性からオールセラミックスによるクラウンを適用いたしましたが、できるだけ歯へのダメージを避けるため、下の前歯を含めすべての歯の神経は残されたまま審美修復が施されています。


矯正治療を併行して行ったことにより、でこぼこしていた歯並びも八の字に開いていた出っ歯感も解消されました。

写真

患者さんには大きく口を開けて笑うことが出来るようになったと喜んでいただきました。


治療後の歯周検査データーを見ても歯周ポケットは全周にわたって2ミリ前後と安定した状態で維持され、歯磨きもとてもしやすくなったとのことです。今後は患者さんと二人三脚で、このいい状態をすこしでも長く保つことができるよう定期的なメンテナンスをしっかりと行ってまいりたいと思います。


治療を終えた患者さんの声

治療前の説明が親切でわかりやすく、安心しておまかせできた。

担当ドクターの治療前の説明が親切でわかりやすく、安心しておまかせできた。
最初保険がきかない不安があったが、治療が進むにつれ、歯の状態が良くなってきているのが自分自身でもわかるようになってからは、治療費については不安がなくなった。

今までにない歯への関心が高くなり、歯みがきやうがい等マメにするようになり、出来るだけ良い状態を保ちたいという意識が出てきている。

長い時間をかけて治療していただきありがとうございました。
感謝しております。

直筆メッセージ