大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例大きな横穴が開いた虫歯も抜かずに修復治療。

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

大きな横穴が開いた虫歯も抜かずに修復治療。

写真

銀歯を入れている歯が咬むと痛いと来院されました。外してみると中は虫歯で真っ黒になっていて、さらに大きな穴が開いていました。徹底した消毒を行い、穴を修復してから歯を残すよう努めました。

治療ステップ 1

被せてから数年経つ銀歯に痛みを感じて来られました。

写真

虫歯を治したあとこうした銀歯を被せると、もう虫歯にならないから安全だと思われている方も少なくありません。


しかしながら実際は金属がお口の中で腐食したりして、隙間が開いてくることにより、容易に被せの中が虫歯になってしまいます。


ただ、歯の神経がすでに抜かれてしまっている場合は痛みを感じることが少なく、根が割れたり穴が開くぐらい重症になってから気がつかれるのです。


治療ステップ 2

銀歯を外してみると虫歯で穴が開いていました。

写真

青い線で囲まれた部分が大きく穴があいている箇所です。すぐ下には歯茎がむき出しになっていて、そこが感染し炎症を起こして痛みの原因になっていたのです。


レントゲンを撮っても、この穴の部分は写らないため、歯が真っ二つに割れるまで放置されてしまう事もあります。虫歯を丁寧に取り除いたあと、この穴の部分の補修を行うことにしました。


治療ステップ 3

顕微鏡レベルの虫歯菌をヒールオゾンで除菌。

写真

複雑な形をした横穴のさらに奥側や裏側には、バクテリアの巣ができ、細菌がこびりついています。その部分を、薬剤などを用いた通常の消毒方法だけで除菌しようとしても物理的に無理が生じます。


私たちはこういったケースにおいても(独)カボ社製ヒールオゾンを適用します。


これにより目に見えない顕微鏡レベルの細菌に対して効果的な除菌を行うことが可能になります。


治療ステップ 4

生体親和性の高い修復材料で穴を塞ぎます。

写真

十分な根の消毒(根管治療)を行ったあと、横穴が開いた部分を補修していきます。


穴のすぐ下には剥き出しの歯肉組織があるため、できるだけ為害作用のない、生体親和性の高い材料を用いなければなりません。


私たちはこういったケースではMTAセメントという歯肉や歯槽骨と接しても安定した状態を維持できる材料を適用しています。


治療ステップ 5

透明感のあるオールセラミックス。

写真

この方はホワイトニングもしたいので、出来る限り白い歯で被せてみたいとご希望されました。


しかしながら、このような強い力のかかる奥歯には見た目が美しいだけでなく、強度も十分併せもったセラミックス材料を適用させなければなりません。


私たちは10種類以上ある素材やシステムの中から、その症例に最も適したものを選択し、患者さんの満足度を上げるよう努めています。


治療ステップ 6

治療後です。咬み合わせにも配慮を。

写真

歯に穴が開いていたところを補修後、グラスファイバーの土台で根の補強を施し、その上から歯全体を守るように被せてあります。


さらに下の歯型に合った噛みあわせの面を付与することで、ものが噛み切りやすく、歯に負担がかからないような配慮をしています。


患者さんは、他院で抜いてインプラントを勧められていたのに、根を残せただけでなく、以前より食事がしやすくなったと大変喜ばれました。