大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例末期的な虫歯もできるだけ抜かずに残す保存治療

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

末期的な虫歯もできるだけ抜かずに残す保存治療

写真

軟らかく茶色い虫歯が歯の根の近くまで進行しており、また根の下からは大きな病変によって歯の周囲の骨が溶かされていたケースです。あらゆる手を尽くし、歯を残すよう努めました。

治療ステップ 1

治療前です。かなり末期に近い状態で来られました。

写真

食事するとき、痛くて物が噛み切れないとのことでした。お口の中を見ますと、奥歯の銀歯の隙間から虫歯が進んでおり、大きな穴が開いていました。


またよく見ますと、歯のほっぺた側の歯茎がぷくっと膨れています。この部分を手で抑えると白い膿が出てくるのが判りました。

写真

レントゲン写真では、この膿の袋の部分がよく顕れています。根の下の黒くなって、歯の周囲の歯槽骨が溶かされているところです。


この赤い線で囲まれた病変には細菌の感染が生じており、どんどん拡がっている様相を呈しています。歯の上から進行している虫歯(青い線で囲まれた部分)も相当深いため、ほとんど末期の状態に近いといえます。


何件か歯科を廻られたそうですが、どこにおいてもこの歯は抜歯が必要だといわれたそうです。


治療ステップ 2

金属の詰め物を外してみます。

写真

歯の周囲を唾液がついて感染しないようにゴム状のシートで囲み、さらに樹脂で封鎖します。


歯の内部のどこでヒビが入っているかわからないためです。詰めてあった金属の詰め物を外すと予想通り内部は虫歯の洪水でした。


このような濡れて茶色い虫歯はとても軟らかく、通常その進行の速度はとても早いものです。


治療ステップ 3

なんとか虫歯を取りきることが出来ました。

写真

少しづつ虫歯を削りとっていき、歯に横穴を開けたりしないように細心の注意を払います。


歯質の変色している部分はありますが、虫歯菌に感染している軟らかい部分をすべて取り除くことができ、これ以上の上からの崩壊を防ぎました。

治療ステップ 4

ヒールオゾンを併用し、徹底的な除菌を。

写真

次に根の下の病変に対する根管治療をしっかり行ってまいります。細菌に感染している歯の壁の部分をマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて取り除いていきます。


その後、従来から消毒に用いられている水酸化カルシウムなどの薬剤に加え、写真にあります(独)カボ社製ヒールオゾンを用いて内部の除菌を徹底的に行います。


治療ステップ 5

歯周組織を再生させます。

写真

根の内部の壁に数カ所ヒビが入っているのが見つかりました。そこからも根の周囲の歯槽骨が吸収を起し、歯がグラグラ動いている状態でした。


これに対してもやはりマイクロスコープを用い、歯の内部を20倍以上に明るく拡大して補修を行います。


使用する材料も生体親和性の高い修復材料を用い、歯周組織の再生治癒を促進させます。

写真

さらに虫歯の部分が歯茎の下の方にまで進行していたため、このまま被せたりするとその深い部分で歯周組織の炎症を引き起こすことになります。


これを防ぐ目的で、その虫歯だった部分を歯茎の上の方にまで引き上げてやる必要があります。


私たちはこういったケースでは、患者さんにできるだけ負担のかからない部分的な矯正装置を一時的に装着し、対応するようにしています。


治療ステップ 6

治療後です。歯周組織も安定しています。

写真

かなり末期的な状態の歯でしたが、基本的な虫歯治癒、根管治療、歯周病治療、そして矯正治療などを駆使してなんとか歯を残すことができました。


歯のほっぺた側にプクっと膨れていた部分はなくなり、すっきり歯磨きもしやすい形に治ってきています。

写真

レントゲンで見ても、歯の根の周囲の骨が黒く溶かされていた部分に新たな歯槽骨が再生し、ヒビが入っていたところも新たな感染は認められません。


矯正治療で歯を上方へ引っ張り上がることができたため、セラミックスをかぶせたところが歯茎の治りを邪魔することもなく、歯周組織は安定しています。


患者さんは、抜かないといけないと諦めていた歯を残すことが可能になり、とても喜ばれました。


[ 治療後の経過 ]

写真

現在治療後9年半が経過致しております。 このように歯周組織も大変安定し、咀嚼機能も保たれています。


今後も患者さんと二人三脚、定期的にかみ合わせ、清掃性のチェックを行って参ります。