大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例ノンメタルによる臼歯部ブリッジ修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

ノンメタルによる臼歯部ブリッジ修復

写真

これまでノンメタルの材料では強度の問題から不可能だった奥歯のかぶせ物、それも歯がないところをつなげるブリッジでさえ、このようにピッタリとした精度の高いセラミックスによる修復が可能になりました。

治療前

金属のブリッジが入っていました。

写真

奥歯を銀歯でつなげたブリッジで治療してある状態でした。今まで、奥歯には、噛む力にも十分耐えられる金属での修復が行われてきました。


しかしながら、金属ではその硬すぎる特性からかえって歯根の破損を引き起こしたり、歯茎に金属が溶け出して黒ずんだりといった心配があります。

写真

また、その金属の腐食によりできたわずかな隙間から虫歯が再発したり、ものが詰まりやすくお掃除もしにくくなるため、写真のように歯茎が腫れ歯周病にかかってしまうことがよくあります。


このような状態では、いくら患者さんが日頃の歯磨きを頑張っておられても、虫歯や歯周病の進行を止めることは難しく、やがて歯がぐらぐら動き始めるか、根元からポキッと折れてしまいかねません。


治療直後

見た目にもきれいなセラミックスのブリッジです。

写真

金属をまったく使用しないオールセラミックスのブリッジで修復いたしました。


ブリッジの内部はジルコニアという固いファインセラミックスで補強されており、これは奥歯の強い咬合力にも十分耐えることのできる素材です。

写真

セラミックスはお口の中でも安定した材料で、金属のように腐食する心配が無いため、いつまでも最初のこのきれいな状態を保つことができます。


またこのセラミックスの適合精度を高めることで、以後の虫歯や歯周病の再発を防ぐことができます。


左の写真をご覧いただくとわかるように、装着されたブリッジは内側だけでなく、鏡に映し出されたほっぺた側もとてもピッタリと隙間無くかぶせられています。


治療後9年

長期間にわたりいい状態を保ちます。

写真

定期検診で来院されたときの経過写真です。 上記治療直後のものと比較してほとんど変化が認められません。歯周病で歯茎がやせたり被せの隙間に虫歯ができるような事はありません。


患者さんには、以前のような歯磨きをするたびに血が出たり、痛みを感じたりするよう事が一切なくなり、安心して毎日を送れるようになったと大変喜んでいただけました。