大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例レーザーで虫歯を計測しながらM.I.修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

レーザーで虫歯を計測しながらM.I.修復

写真

虫歯が相当大きかったのですが、レーザーの虫歯診査で確認しながら、ドリルでなく器具によるハンド作業で慎重に取りきり、さらにヒールオゾンで除菌後コンポジットレジンで修復を行いました。

治療ステップ 1

歯と歯茎の付け根に大きな虫歯がみつかりました。

写真

黒くなっている部分が虫歯でかなり深く歯の神経まで近づいていました。

こういった虫歯を治療する場合、従来の高速ドリルを用いて神経に近い部分を削ると、その発熱刺激などによって術後痛みなどが生じ、神経を抜かなくてはいけなくなることもあります。

そうならないように、時間はかかりますがスプーンのような器具を用い、手で少しずつ掻き出しながら虫歯を削っていくと歯の神経の症状を抑えることが出来ます。

治療ステップ 2

レーザーによる精密な虫歯検査

写真

また、私達はレーザーによって虫歯が、どの程度残っているのかがわかる、ドイツKavo社のダイアグノデントという精密機器を使用しています。

これによって見た目だけでなく客観的な数値により残っている虫歯の量がわかります。

できるだけ虫歯の取り残しがないように、かつ歯の神経に刺激を与えないように、細心の注意を払いながら治療を進めてまいります。

治療ステップ 3

ヒールオゾンを使用し虫歯の原因菌を完全除去

写真

手で器具を用いながら少しずつ慎重に虫歯を取り切った後、さらに目に見えない象牙質内の細かい管に閉じ込められているかもしれない顕微鏡レベルの虫歯菌への対策を行います。

私達はこのような場合、ドイツKavo社ヒールオゾンを用い、徹底した除菌を行うことにしています。

こちらの例は、歯の神経を残す事と、虫歯菌を完全に除菌し、その再発防止を両立させた典型的なMI(Minimum Intervention / 最小の侵襲)のケースだと言えます。

治療ステップ 4

マイクロハイブリッドレジンを用いて修復

写真

このような治療における詰め物には、キメが細かく、虫歯になりにくいマイクロハイブリッドレジンを用います。

今回は患者さんと相談し、検診時に治療したところのメンテナンスがしやすいように少し白めのお色を選択いたしましたが、詰めていることがまったくわからないよいうに色調を合わせることも可能です。

冷たい水で凍みたり、歯磨きの際にあったチクチクするような知覚過敏の症状も無くなり、とても喜んで頂けました。