前歯の根っこを抜歯せずに治療した歯を残す歯根端切除 | 審美歯科は梅田の歯科医院「ナチュラルクリニック大阪」メタルフリー審美歯科(大阪・梅田)と歯を残す歯科根管治療

前歯の根っこを抜歯せずに治療した歯を残す歯根端切除-
完全予約制・保険外診療の審美歯科
梅田のナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜13:00/15:00~18:00 (月・日祝 休診)

審美治療例

STUDY
審美治療例前歯の根っこを抜歯せずに治療した歯を残す歯根端切除

検索アイコン

前歯の根っこを抜歯せずに治療した歯を残す歯根端切除

審美治療の治療写真

向かって右側の前歯は根の先に膿の袋ができ骨も溶かしていましたが、太くて長い金属の芯が根の下の方まで接着されていたため、他院では抜歯と診断されたそうです。
ナチュラルクリニック大阪ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使った歯根端切除によって歯を抜かずに、できるだけ歯を残す治療を行いました。

治療ステップ 1

根管治療ができないため、他院で抜歯と診断され来院されました。

写真

右側の歯の根元に大きな膿の袋ができています。

通常はクラウンを外して根管治療(歯の根の消毒)を行いますが、このクラウンの中に太くて長い金属のコア(差し歯の土台)が接着され他院では外す時に細い歯の根が割れるため根管治療は不可能と診断。「抜いてインプラント治療」を勧められていたそうです。

治療ステップ 2

根の下にある病巣のみ丁寧に摘出します。

写真

手術中の画像なのでモノクロームでご案内します。

特に前歯など審美的配慮を行う部位では傷の治りを促すため手術の範囲とその切開線に注意します。歯ぐきをめくると写真のように歯根の周りの骨がすでに溶けて無くなっており、その穴から歯の根っこと膿の袋がはっきり見えます。

治療ステップ 3

マイクロスコープを使うことで治療の精度が高められます。

写真

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使うことで、肉眼では見えにくい歯の根の下側もくっきり見えます。写真の丸い鏡に写っている穴は今回、膿の袋の原因となった歯の神経の管の断面です。

鏡の直径は4ミリの小ささですが、それでもこれだけ大きく拡大して見えるのはマイクロスコープと同じ方向で、明るいライトを照らしているからです。

治療ステップ 4

術後2週間。抜歯せずに綺麗に治りました。

写真

クラウンを外すことなく大切なご自身の歯を残す事ができました。

もし抜いていたらインプラント治療か、虫歯の無い両隣の歯を削ってブリッジによる治療か、または入れ歯のいずれかでした。

この後、患者さんは手術をされてから9年半が経過していますが、病変の再発はなくご自身の歯で固い物も気を使うことなくお食事されています。

治療費用(合計)
合計:100,000円(税別) ・歯根端切除術  100,000円(税別)

※すべての治療が保険外診療となります。

※虫歯の大きさや、歯の根の状態によって異なって参ります。

※治療費の設定は、治療を行った当時のもので、現在とは異なる場合があります。
予めご了解くださいませ。

掲載されている写真について: すべてナチュラルクリニック大阪での治療です。歯科メーカーや学会誌の写真転用は一切ありせん。またすべての写真や実際の治療ステップに関して、実際に審美治療を行った患者さんに掲出のご同意を得ております。これら審美症例はオリジナルのもので画像変換など、見た目を操作する事は一切行っておりません。

定期健診の重要性について:審美治療終了後は、必ず定期検診をお受け頂くようお願いしております。審美治療が終わった直後の良好な状態を、出来るだけ長期にわたって維持して頂けるよう、きめ細かなサポートを提供しています。

オールセラミックス修復:金属を使用しないセラミックスのみの修復治療です。マイクロスコープを使った拡大視野にて治療をおこなうことで適合性を高め、虫歯や歯周病の再発抑止をはかります。

施術にともなうリスク:まれに咬合痛や冷温水痛、歯肉の腫れ、発赤などを生じることがあります。とくに外科的な処置や矯正治療が必要となった場合や、仮歯を用いて調整する時期にみられることがありますが、本歯に移行するまでに通常消失します。また仮歯の時期は、舌感など違和感を生じることがあります。 ※すべて個人差があります。

費用:オールセラミックス修復1本 ¥200,000~250,000
※すべての治療が保険外診療となります。
※施術内容によって異なります。
※根管治療が必要な場合は別途、¥100,000~200,000 が必要となることがあります。
※初めてご来院の方は、初診カウンセリング料¥3,000、基本検査料¥6,000が別途必要となります。
※価格はすべて税別です。