大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例できるだけ歯を抜かずに残す歯根端切除術

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

できるだけ歯を抜かずに残す歯根端切除術

写真

根の先に病変のある向かって右側の前歯には、太くて長い金属の芯が根の下の方まで接着されていました。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた歯根端切除術によって出来るだけ歯を残す治療を行いました。

治療ステップ 1

根管治療ができず、抜くしかないと言われて来られました

写真

右側の歯の根元に大きな膿の袋ができており、通常なら入っている被せ物を外して根管治療(神経の管の消毒)を行うケースです。

ところがこの被せ物の中には太くて長い金属のコア(差し歯の芯の部分)が装着されており、前医では、それらを外す時に細い歯の根が割れてしまうので根管治療は不可能と言われ、「抜いてインプラントを」と勧められていました。

治療ステップ 2

根の下の病巣のみを摘出します

写真

ここからは手術中の画像になりますので、色調やトーンを抑えてご案内しております。

前歯など審美的な配慮を行う部位では特に、傷の治りを促すため手術の範囲やその切開線に注意いたします。

歯ぐきをめくりますと、写真のように歯の根の周囲骨がすでに溶けて無くなっており、その穴から歯根と膿の袋がはっきり見えてきました。

治療ステップ 3

マイクロスコープを用いることで、手術の精度があがります

写真

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いる事で、肉眼では見えにくい歯の根の下側もくっきり見えてきます。

写真の小さく丸い鏡に写っている穴は、今回膿の袋の原因となった歯の神経の管の断面です。

鏡の直径は実に4ミリの小ささ、それでもこれだけ大きく拡大して見えるのは明るいライトをマイクロスコープと同じ方向で照らしているからです。

治療ステップ 4

手術後2週間、歯を抜かず綺麗に治りました。

写真

被せ物を外すことなくご自身の大切な歯を残す事ができました。

もし抜いてしまっていたら、インプラントをドリルで植立するか、虫歯でも無い両隣の歯を削ってブリッジによる修復を行うか、はたまた見た目に気になる義歯を装着するか、のいずれかでした。

この患者さんはこの手術をされてからすでに8年が経過しておりますが、いまだに病変の再発はなく、ご自身の歯で堅い物も気を使うことなく美味しくお食事されておられます。