大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例ノンメタルの土台を用い薄く割れやすい歯を補強

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

ノンメタルの土台を用い薄く割れやすい歯を補強

写真

金属のかぶせの中で虫歯が大きく進行し、根っこしかない状態になっていました。空洞になった内部の根管治療を行った後、グラスファイバーの適度な弾性を利用した土台作りによって歯を補強する事ができました。

治療ステップ 1

金属の被せの中で虫歯が大きく進行していました。

写真

虫歯の進行が大きく、ほぼ根っこしかない状態で来院されました。

このようなケースは残念ながら手遅れに近く、歯を抜かなくてはならない事も多いのですが、グラスファイバーによる補強でなんとか抜かずに残すよう計画いたしました。

最初に唾液中の細菌によるこれ以上の感染を防止する目的で根っこだけとなった歯にシートを被せ、さらに生体親和性の高い透明な接着剤を用いてお口の中から密閉します。

治療ステップ 2

進行した虫歯を除去し、しっかりと根管を治療

写真

まず虫歯になった部分をすべて取り除きます。唾液中にも虫歯菌がいますが、シートにより密閉していますから安全です。

次に空洞になった内部を慎重に根管治療していきます。根の中をきれいにし、根の先までしっかりと消毒をします。

歯の神経の入っていた空洞を小さなヤスリ状の器具を用いて広げ、水酸化カルシウムなどの体に安全な薬剤を根の先に注入します。

治療ステップ 3

噛む力に耐える丈夫なファイバーコアー

写真

一般的によく使われる銀合金などの金属材料は腐食することもあり、隙間が開いて虫歯が再発するリスクがあります。

またその硬さの影響で歯の壁や根を破損するなどトラブルの原因にもなります。

私たちは土台作りに、ノンメタル材料であるグラスファイバーを用いています。

グラスファイバーは適度な弾性があるため、衝撃を吸収し、歯の破損などを防ぐことにも役立ちます。

治療ステップ 4

薄くなった歯の壁を守り虫歯にもなりにくい状態に。

写真

薄くなった歯の壁を保護するように、ファイバーコアーを装着していきます。

適度な弾性により、咬んだ時の衝撃を緩和する役目を果たします。金属のように、腐食する事はなく、また接着剤である合成樹脂とも化学的にくっつくため、虫歯にもなりにくい状態を維持します。

患者さんは、抜かないといけないと覚悟していた歯が、なんとか残すことができる状態にまで復活した事で大変喜ばれました。