大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例セラミックによる17年長期経過症例

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

セラミックによる17年長期経過症例

写真

17年以上前に金属アレルギーの患者さんをセラミックスにて治療を行ったケースです。歯磨きがしにくく咬む力も強い奥歯の修復でしたが、長期間にわたり良好な状態を維持しています。

治療ステップ 1

歯と歯の間に虫歯が出来て来院されました。

写真

前から5番目の小臼歯の虫歯です。金属の詰め物が入っていたのが取れてきたとの事です。入り口は狭いですが内部は比較的大きな虫歯に侵されています。

よく見ると一本奥の6番目の歯(写真では左)にも、歯と歯のすきまから虫歯が進行して色が透けてきています。

皮膚科より金属アレルギー(パラジウム)にてご紹介いただいた方でしたのでオールセラミックによる修復を計画いたしました。

治療ステップ 2

手前の一本だけ先にセットしたところです。

写真

セラミックスと歯の境目がなくぴったりしているのがわかります。

これはセット後のセメントが硬化してから細かい研磨用のシートを用い手作業ですり合わせ、仕上げ磨きを行ったためです。

当時のセラミックスの適合精度は40 ~ 50 ミクロンで臨床応用されていましたので、これを長期間にわたり良好な状態で維持させるためには、このような臨床上の工夫が必要だったのです。

治療ステップ 3

治療後17年の状態です。

写真

定期検診に来られた際にお写真を撮らせていただきました。 セラミックスの詰め物を装着してから実に17年が経過しています。

矢印のところを見ますと自分の歯と同じように自然な磨耗が起きています。大きな段差や、虫歯になっていたり欠けているようなところは見当たりません。

歯ぐきのレベルも 17年前と変わらず、腫れたりやせたりすることなく、とてもいい状態を維持しています。