大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例歯の根に開いた大きな横穴を修復したケース

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

歯の根に開いた大きな横穴を修復したケース

写真

歯茎が腫れてズキズキ痛みもあり、大変お辛い状態で来院されました。
術前のレントゲン検査で歯の根の奥深くに大きな横穴が開いている事が判明いたしました。患者さんには残念ながら保存不可能である旨お伝えし、抜歯することを前提に治療を始めたのですが、幸いにもこの末期的な状態の歯を残すことが出来ました。

治療ステップ 1

金属の土台を外すと大量に出血してきました。

写真

被せてあった古い金属の冠とその中の金属の土台を外しますと根の内部からドクドクと勢い良く出血がみられ、その後黄色い膿のような滲出液も認められました。

患者さんには一応中を消毒しながら診査を行い、予想通りに大きな横穴が開いているようなら抜歯を行うとご了承の上治療を開始致しました。

治療ステップ 2

治療前のレントゲン写真です。

写真

一番奥の第二大臼歯がお痛みのある歯でした。

この奥歯は根が2本あるのですが、そのうちの向かって右側の歯の根の壁に横穴が開いており、白く写る人工の詰め物が非常に疎な状態で認められます。

治療ステップ 3

消毒を行った後にMTAセメントにて修復いたしました。

写真

マイクロスコープで明るく拡大しながら根の中を消毒し、横穴の長さや深さを確認しました。虫歯に侵され黒変している歯質も完全に取り除くことが出来たため、患者さんと相談、なんとか抜かずにMTAセメントにて修復する事といたしました。

(MTAセメント;こういった横穴を修復するのに適したとても生体親和性の高い修復材料)

治療ステップ 4

仮歯の状態で自然挺出させていきます。

写真

歯を上方へ引き上げていく事を挺出といい、通常はワイヤーやゴムの矯正力により治療が行われます。この挺出を行う事により通常その歯の歯周組織は修復傾向に向かいます。

今回は歯根のダメージが大きかったので出来るだけゆっくり時間をかけて挺出させる方が好ましいと判断、仮歯を少しずつ咬合調整しながら自然挺出させることに致しました。

治療ステップ 5

歯周組織が安定したので本歯に置き代えました。

写真

永年悩まれていた噛み締める時の痛みも消失し、歯周ポケットも歯の全周にわたって3ミリ程度と引き締まってきました。

この時点でMTAセメントで横穴部分を修復後約5年が経過しており、再発の恐れも少なくなっていると判断、ここで仮歯を本歯であるセラミックスに置き代えました。

治療ステップ 6

歯周組織にも優しいオールセラミックス冠

写真

治療後の口腔内の状態です。 MTAセメントによる修復から約9年半が経過しておりますが、現時点で再発は認めず極めて安定しています。

患者さんにはもう抜かないといけないだろうと諦めていた末期的な状態の歯がこのように綺麗に残すことができ、さらに大好きなタコやイカなど固いものでも食べられる様になったと大変喜んでいただきました。