大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例出来るだけ歯を削らないブリッジ修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

出来るだけ歯を削らないブリッジ修復

写真

末期的な虫歯により抜いてインプラントか入れ歯しか出来ないと言われて来られました。
私達はこの歯を残し、また両隣の歯も出来るだけ削らないブリッジにて修復いたしました。

治療ステップ 1

抜歯するしか無いと診断されて来られました。

写真

銀歯の被せが取れて深く大きな虫歯になっておられました。

咬む力の強い奥歯ですので、この歯が残せないとなるとインプラントか入れ歯かといった選択になる事は確かです。 私達はまずこの末期的な虫歯の根っこをなんとか残せないかと小矯正治療を試みることに致しました。

治療ステップ 2

緩いゴムの力で根を引き上げます。

写真

両隣の歯が動かないように金属の支えで固定をし、根の中に埋め込んだワイヤーのリングと矯正用のゴムでつなげます。

上の方向だけでなくこの様にやや奥の方向(写真では向かって右側の方向)へも意図的に引張り、術後に患者さんが歯磨きしやすい位置を目指します。

治療ステップ 3

出来るだけゆっくりと引き上げます。

写真

小矯正治療終了間近のレントゲン写真です。

歯根周囲に健全な組織が残っていれば、根がゆっくり引き上げられるのと同時に歯周組織の修復が期待できます。失われていた根の周囲の歯槽骨も再生するのです。

写真

治療前には赤く腫れていた歯茎もピンク色に引き締まってきました。

また歯茎の奥深く歯磨きすることが困難であった根の位置が、この小矯正治療によって前後の歯と適当な間隔をもって引き上げることができ、その結果治療後の清掃性と審美性を高めることを可能に致します。

治療ステップ 4

薄くても強度の高いオールセラミックスブリッジ

写真

抜かないといけないと言われていた根をなんとか残すことができましたので、今度はブリッジによる修復処置に入ります。

ここでポイントとなりますのは、両隣の歯がいわゆる歯の神経が残っている生活歯の状態なので、この歯の神経を刺激しないよう削る量を少なくする事です。

写真

私達はこういったケースでは従来のセラミックスの3倍近い強度をもった、薄くても破損しにくいジルコニアフレームを適用いたします。

ただし咬み合わせの面には、そのフレーム上に天然歯と同程度の強度に抑えたセラミックスを焼き付け、咬み合う反対側の歯に負担がかかる事の無いよう配慮しています。

治療ステップ 5

治療後のレントゲンと口腔内です。

写真

治療後6年と10ヶ月が経過いたしました。

いかがでしょうか? レントゲンでは短いながらも根の周囲にしっかり歯槽骨が再生している様子がうかがえます。
また両隣の歯は最小限の切削によりその神経を傷めること無く金属を一切用いないオールセラミックス冠によって連結されています。

写真

歯と歯の間も患者さんご自身で歯磨きし易い形態となり、また咬み合わせもしっかりと物が咬み切れる様に設定致しました。

患者さんには、半ばあきらめておられた歯が残せただけでなく、見た目にも綺麗で、さらに食事の不安も無くなったと大変喜んで頂きました。