大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例出来るだけ歯を削らないピンレッジブリッジ修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

出来るだけ歯を削らないピンレッジブリッジ修復

写真

ブリッジだと歯をたくさん削らないといけないので、手術で顎の骨を作ってからインプント植立を勧められたとの事でした。私達は出来るだけ健全な歯質を削らないピンレッジブリッジを計画いたしました。

治療ステップ 1

歯の無いところの組織の落ち込みが大きいです。

写真

歯が抜けてから暫くたっても歯槽骨の吸収が著しく、組織の落ち込みが大きいケースです。 このままだとインプラントを立てることが困難で骨造成を目的とした手術を行わなくてはなりません。患者さんは出来るだけ歯を削らないブリッジによる修復をご希望されました。

治療ステップ 2

ほとんど健全歯質を削っていません。

写真

もともとあった詰め物の下に虫歯が出来ていましたが、それ以外は健全な歯質がたくさん残っていました。こういう場合のブリッジは出来る限り歯を削らなくて済むような設計が求められます。私達は犬歯に対してピンレッジという手法を採用し、僅かな切削で十分な接着が得られるよう工夫を致しました。

治療ステップ 3

高強度ジルコニアフレームを用いたブリッジ。

写真

金属を全く用いない高強度ジルコニアフレームによって作製されたオールセラミックスブリッジです。ピンの部分を含む細かな形態も高い精度で完成されます。さらに咬み合わせの面は反対側の歯を傷めないように天然歯と同程度の硬さのセラミックスを焼き付けてあります。

治療ステップ 4

見た目にも自然な仕上がりに。

写真

オールセラミックスによるピンレッジブリッジにて治療後5年半が経過致しました。 頬側からみてもほとんど側面の歯質が削合されていないことがわかります。

またジルコニアフレームそのものに天然歯に近い色を着色することが出来るため、審美的にも高い満足度が得られます。

写真

歯型に合わせピッタリと精度高く製作される為、治療後に虫歯や歯周病の再発リスクを軽減させることができます。

さらに咬み合わせの面もこの様にしっかりと形作ることが出来るので、見た目だけでなくよく咬める機能的な修復治療を可能に致します。