大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例重度の歯根破折歯を部分抜去のみで保存修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

重度の歯根破折歯を部分抜去のみで保存修復

写真

歯茎が腫れて痛むということで他医院にて治療開始されるものの、根が深く割れているので抜くしか無いと言われたそうです。根の下に大きな病変もあり、確かに歯を残すのは極めて難しいケースでしたが、部分的な歯根抜去にて対応いたしました。

治療ステップ 1

歯の周囲と根の下の歯茎が腫れています。

写真

初診時の状態です。 疲れると歯茎が腫れて疼くような痛みを感じるとの事でした。

根の周囲と尖端にも赤く腫れた大きな病変が認められ、大変治療が困難なケースとなります。

治療ステップ 2

歯根の内部で歯が割れていました。

写真

この大臼歯は歯根が3本寄り添うように支え合い、強く噛む力にも耐えられるようになっているのですが、そのうちの一本が根の奥深くまで割れていました。

虫歯も深くこの割れている根は残すことができないと判断、他の2本の根の状態を出来るだけ改善し保存する事を試みました。

治療ステップ 3

割れている根だけを引き上げていきます。

写真

ただ割れている根をすぐに抜いてしまいますとその部分の歯茎が深く落ち込む事となり、残りの歯を支える歯周組織が脆弱になります。

そこで抜く前に歯根をゆっくりとバネの力で引き上げてやり、少しでも健全な歯根膜組織による歯槽骨の新生が促されるよう工夫いたしました。

治療ステップ 4

仮歯を用いて歯周組織の改善を図ります。

写真

根の消毒を終え、歯の根に土台を立てることができましたら仮の歯を作成して装着いたします。

仮歯といえどもこの様に出来るだけ歯型にピッタリ合わせて作られる事により歯の周りの歯茎の炎症を患者さんご自身でコントロールしていただくことが可能になります。

治療ステップ 5

噛み合わせにも十分な配慮を。

写真

こういったケースでは出来るだけ歯の根にダメージが加わらないような咬合力のベクトル(角度)設定が大切になってきます。

また今回の部位は最も咀嚼において重要な働きをする第一大臼歯であるため、単に抜かずに保存できたというだけでなく、しっかり機能的な回復も得られるよう最大限配慮いたします。

治療ステップ 6

仮歯をもとに作製されたセラミックス冠

写真

仮歯で歯磨きのしやすさや、お食事のしやすさを試していただき、最終的なセラミックスの形を模索してまいります。

そうすることによって本歯であるセラミックスを装着されたその日から違和感なく日常を過ごして頂くことが可能になってくるのです。

治療ステップ 7

セラミックスは歯周組織にも優しい素材です。

写真

現在治療後6年10ヶ月が経過しておりますが、歯周組織はこのように健全に引き締まり良好な状態を維持しています。

金属のようにプラークを寄せ付けたり口腔内の酸によって腐食したりする心配もありません。

患者さんは永年悩んでこられた歯茎の腫れや痛みの不安から開放されただけでなく、タコやイカなど硬いものでもお食事できるようになったと大変喜んでいただきました。