大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例脆くなった歯質を複数本のグラスファイバーにて補強

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

脆くなった歯質を複数本のグラスファイバーにて補強

写真

歯の根の内部まで進行した虫歯を治療する場合、薄くなった歯質だけが残りとても脆くなってしまいます。このような場合、グラスファイバーの支柱を複数本入れてしっかり補強しています。

治療ステップ 1

支柱を立てる準備をいたします。

写真

できるだけ唾液による感染や呼気による感湿を避ける為、緑色のラバーにて歯をしっかり囲みます。

セラミックスなどを被せる前のこの支柱を立てるステップは支台築造と呼ばれます。

このとても繊細な接着過程が成功するかどうかが治療後の長期予後に大きく左右してまいります。

治療ステップ 2

グラスファイバーを試適いたします。

写真

私達はこの支台築造のほとんどを直接口腔内で行っております。

それは間接的に技工室で土台を作製するよりもより多くの本数を植立することが可能になるからです。

この症例では硬化を確実にさせるための光ファイバー入りグラスファイバー3本を含む計5本の支柱を立てる事にいたしました。

治療ステップ 3

支柱の周囲を合成樹脂で固めます。

写真

選択された複数のグラスファイバーの支柱どうしと歯の根管壁を合成樹脂(コンポジットレジン)を用いて接着してまいります。

赤い矢印のものが最も太いメインのファイバーでその周囲にはやはりファイバー製のスリーブを巻いてあります。

黄色が中程度の太さ、青色が補強用のファイバーポストとなります。

治療ステップ 4

安心して歯冠修復を終える事ができました。

写真

補強が確実に行われたあと、その支台にオールセラミックス冠を装着致しました。

このように被せが入ってしまうと中がどのようになっているのかわからなくなります。

ただ単に見た目綺麗に修復を行うだけでなく、このように見えないところにこそ基本に忠実な治療を行う事が長期予後にとって最も大切ではないかと考えております。