大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例根っこだけになってしまった歯も 抜かずに審美修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

根っこだけになってしまった歯も 抜かずに審美修復

写真

歯の神経が無くなると歯は脆く虫歯になりやすくなってしまいます。この方も歯茎の奥深くまで虫歯が進行していましたが矯正治療を併用し、見た目にもきれいな修復を行う事ができました。

治療ステップ 1

矯正治療開始の状態です。

写真

深く大きな虫歯が歯茎の中にまで進行していました。

このままでは歯を残し被せることもできないため、まずは矯正用ゴムを用いて歯根を引き上げる事に致しました。

どのぐらい引き上がったかを計測するため、検査棒を用いて最初の距離を記録しておきます。

治療ステップ 2

矯正治療により歯根が引き上げられてきました。

写真

歯根はゴムの緩い持続的な力で無理なくゆっくりと引き上げられてきます。

また少し工夫をすることで写真のように垂直方向だけでなく水平方向にも牽引することが可能です。

歯根周囲に存在する歯根膜組織がこの矯正治療によって賦活化され、腫れていた歯茎も健全に引き締まって参ります。

写真

矯正治療開始の時点で検査棒の長さ、2目盛り分(1目盛りは2ミリ)あったのがこの時点で1目盛り分になっています。

つまり上方へ約2ミリ歯根が引上げられた事になります。歯茎に埋もれていた健全な歯質も顕れてきました。

治療ステップ 3

土台を立てる前に消毒をしっかり行います。

写真

矯正治療に先立って、歯の根管治療をしっかり行い、歯根内の消毒をしております。

また矯正治療中に唾液中の虫歯菌などが根の中に侵入しないように合成樹脂のバリアーを施していますが、再度歯を補強する土台を立てる前などにも徹底的な除菌を行っております。

この写真はヒールオゾンによりマイクロバイオロジーレベルでの除菌をしているところです。

治療ステップ 4

製作されたオールセラミックス冠です。

写真

歯型に合わせ精密に作製された金属を一切用いないセラミックス冠です。

見た目に綺麗なだけでなく、歯周組織にとって大変生体親和性の高い材料です。

今回のように虫歯が深く、その歯周組織にもダメージが大きかったケースにおいては特に、こういった生体に優しい素材の選択が望まれます。

治療ステップ 5

セラミックス冠を装着する直前です。

写真

できるだけ唾液による感染や呼気による感湿を避ける為、紫色のラバーにて歯をしっかり囲みます。

このとても繊細な接着過程が成功するかどうかが治療後の長期予後に大きく左右してまいります。

被せものがピッタリ合うように歯根面が鏡のように磨き上げられているのが見てとれます。

治療ステップ 6

セラミックス冠セット直後の状態です。

写真

矯正治療を行うことによって噛み合わせにも有利な位置に冠を装着することができました。

単に末期的な状態の歯根を抜かずに残し、また見た目に美しい修復を行うだけではなく、咀嚼器官としての機能回復が実現されないと治療は成功とは言えません。

よく物が嚙み切れるように最大限配慮を致しました。

治療ステップ 7

歯周組織も安定しています。

写真

治療後5年10ヶ月が経過致しました。

歯周組織は健全に引き締まり、治療前6ミリあった歯周ポケットは歯牙全周にわたって2ミリと安定し、動揺もおさまっています。

患者さんには固いものでも不安なく食事が出来るようになったと大変喜んで頂きました。