大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例末期的な重度歯根破折歯を抜かずに審美修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

末期的な重度歯根破折歯を抜かずに審美修復

写真

歯の根の奥深くまでヒビが入って割れており、歯茎も腫れて噛むと痛みが出る状態でした。 私達は矯正治療と歯周治療を併用し、なんとか歯を残し審美修復を行うことに致しました。

治療ステップ 1

治療前、歯茎が赤く腫れています。

写真

疲れた時にズキズキ疼くような痛みがあり、いつも歯茎から出血、また固いものを噛んだ時に根の奥まで響くような激痛が走り、怖くて食事がしづらいとの事でした。

こういった場合は歯の根の中がヒビが入っていたり割れてしまっている事が多く、歯を残すのが大変難しいケースです。

治療ステップ 2

被せを外して治療開始致しました。

写真

白いプラスチックの被せを外すと中に金属の土台が入っていました。

この写真はその周囲の歯質を虫歯が染め出される赤い液で処理したところです。歯の根の内部に虫歯が進行してしまっていることがうかがえます。

治療ステップ 3

金属を取り除くと根の内部にヒビが入っていました。

写真

慎重に金属の土台と歯の根の内部まで進行した虫歯を取り除きました。その上で青い染色液で歯質を染め出してみると、数本の破折線が浮き出て参りました。

マイクロスコープで慎重にこの破折線を追いかけていきます。歯の先端近くまで続いていた為、ここで歯根を矯正治療により引き上げる事にしました。

治療ステップ 4

矯正治療開始時点の計測です。

写真

この様に両隣の歯にワイヤーを通し、歯根には丸いフックを埋め込みます。そこに矯正用ゴムを通し上方へゆっくりと牽引していきます。

装置は全て歯の裏側に設置し、表からは見えないように配慮致しました。

どの程度上がったかを後に計測できるよう検査棒を用いて記録を残しておきます。

治療ステップ 5

矯正治療により歯周組織が治癒に向かいます。

写真

矯正治療開始してから約1ヶ月半の状態です。

検査棒で調べてみると目盛の一つ半ほど(約3ミリ)歯根が上方へ牽引されたことがわかります。

この写真のように少し工夫することによって垂直方向だけでなく水平方向へも歯根位置を改善させることができます。(このケースでは向かって左側へ引っ張っています。)

写真

頬側から見た写真でも赤く腫れていた歯茎がピンク色に引き締まり、歯周組織が治癒に向かっている事が伺えます。

これは歯根が矯正治療によって動かされる時、その歯根膜組織が賦活化され、修復機転が作用するためです。

この写真の時点で歯周ポケットは2ミリ程度と安定して参りました。

治療ステップ 6

グラスファイバーを用いて歯根を補強致します。

写真

約2ヶ月で矯正治療が終了致しました。

歯周組織が治癒した事を確認、薄く脆くなった歯根を補強するためグラスファイバーの土台を作製いたします。 この時点ですでに根管治療(消毒)とヒビ割れの補修は終了しています。

写真

グラスファイバーは歯の象牙質とほぼ近い弾性があり、折れにくい材質です。

もともと入っていた金属の土台の様に固すぎて歯を傷めるような事がありません。

またきちっと接着されれば金属のように口腔内で腐食したり隙間が開いてくる事が無く、虫歯にもなりにくい素材だと言えます。

治療ステップ 7

オールセラミックスにて修復後です。

写真

いかがでしょうか?

現時点で修復後5年半が経過いたしますが、歯周組織は引き締まり健全な状態を維持しています。

笑った時に見える部位ですので出来る限り審美性にも配慮いたしました。

患者さんには抜くしか無いと半ば諦めていた歯を綺麗に残せただけでなく、固いものでも不安無くお食事出来るようになったと大変喜んで頂けました。