大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例大きな虫歯も歯の神経を抜かずに審美修復

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

大きな虫歯も歯の神経を抜かずに審美修復

写真

歯と歯の間にパッチワークのようなプラスチックの詰め物がなされていました。またその隙間から虫歯が進行し、歯の神経に近いところまで迫っていました。歯並びや咬み合わせの改善もご希望された為、セラミックス冠による修復治療を行いました。

治療ステップ 1

治療前、笑った時の歯並びが気になるとの事でした。

写真

歯と歯の間にやや黄ばんだ詰め物が貼り付けられているのがわかります。


歯並びも凸凹した段差が目立ち、また歯の先端が磨耗してしまっているため下口唇とのラインも合っていません。


かみ合わせも気になるということでしたのでセラミックス冠による修復治療を計画致しました。

治療ステップ 2

治療前のレントゲン写真です。

写真

歯と歯の間に白く抜けて写っているのが人工物です。


これは前歯の虫歯治療によく使われるレジンという合成樹脂、いわばプラスチックです。


歯の神経の管までかなり近いところまで削り、詰められていることがわかります。

治療ステップ 3

前歯を拡大して見たところです。

写真

レジンによって歯と歯の間が詰められているものの、隙間や段差があちこちに見られます。


食物が詰まりやすく、歯茎も炎症を起こしてやや腫れています。


また虫歯菌は僅かな隙間からでも歯の内部へ侵入してしまうため、この詰め物の中で虫歯が再発してしまっていることが予想されました。

治療ステップ 4

詰め物を外して虫歯を取り除きました。

写真

予想通りかなり深く大きな虫歯が進行中でしたが、なんとか全て取り除く事ができました。


この虫歯によって極めて脆弱な状態になってしまった歯を、咬み合わせと歯並びの改善を兼ね、さらに歯の神経は全て抜かずに残したままセラミックス冠による修復治療を行うことに致しました。

治療ステップ 5

セラミックス冠にて修復直後の状態です。

写真

仮歯の状態から歯茎の腫れや炎症をコントロールし、少しずつ引き締まってきました。


まだ歯と歯の間にやや発赤を認めますが、生体親和性の高いセラミックスに置き代わった事で、この治療直後よりさらに歯周組織の治癒が促されて参ります。

治療ステップ 6

下口唇とのラインも整いました。

写真

お口を開けて笑った時に上の前歯の先端が下口唇のやや内側に接するのが見た目に美しく理想的なラインであると言われています。


凸凹した歯並びも改善され、自然な形態やその透明感によりあたかも天然歯がそこにあるかのように顕れています。

治療ステップ 7

咬み合わせの変化に注意しながら経過を追いかけて参ります。

写真

オールセラミックス冠による修復治療から13年3ヶ月が経過いたしました。


色の付いたカーボン紙にて咬み合わせの状態をチェックいたします。


天然歯がゆっくりとすり減って摩耗したかのような圧痕が修復したセラミックスの裏側に出来ています。

写真

前方から見てみますと、治療直後よりもさらに歯周組織が回復し、審美的にとても良好な状態を維持しています。


今のところ歯茎が痩せてしまったり、段差や隙間が見えてくるということはありません。


患者さんには大きな口を開け、自信を持って笑えるようになったと大変喜んで頂けました。