大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例7ミリに及ぶ重度の歯根破折歯を抜かずに保存したケース

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

7ミリに及ぶ重度の歯根破折歯を抜かずに保存したケース

写真

歯根が割り箸を割ったかのようにスパっと破折していたケースです。深さが7ミリを超え通常ですと抜歯も止む終えない状態でしたが出来る限り抜かずに保存を試みました。

治療ステップ 1

前歯の被せが取れて根が割れていました。

写真

金属の土台が入っていますが、その隙間からすでに歯根が割れている事が見て取れます。

患者さんにはすでにこの時点で抜歯も止む終えないとお伝えし、もし少しでも隣在歯の歯周組織改善の為この歯根を矯正治療で引き上げる事が出来るならその後に抜歯、ブリッジによる歯冠修復を行うといった治療計画をご説明致しました。

治療ステップ 2

金属の土台を外したところです。

写真

かなり深いところまで歯根が完全に割れてしまっている事がわかります。

内部には奥深くまで虫歯が進行し、膿のような浸出液も出てきました。

グラグラ動いているのは外側(唇側)の方で、まずはその部分を取り除き、残っている歯質の状態を診る事と致しました。

治療ステップ 3

とても大きな破折片を取り除きました。

写真

かなり長く歯の根の先端近くまで割れていた事がわかります。

長さを検査棒で測定してみますと約7ミリほどもありました。これではやはり残っている歯質のダメージもかなり大きいと予想され、抜歯するしかないと思われました。

治療ステップ 4

残っている歯質の方です。

写真

やはり割れていた先端からの距離は7ミリ程もあります。

マイクロスコープを用い古い詰め物や虫歯に侵された部分をなんとか綺麗に取り除くことが出来ました。

患者さんとご相談の上、矯正治療でこの歯根を引き上げた時の状態で最終的に抜くかどうかを判断する事と致しました。

治療ステップ 5

仮歯を装着し矯正治療の準備をいたします。

写真

両隣の歯も古い被せが入っておりその隙間から虫歯に侵されていました。

抜歯後はそれらの歯を連結しブリッジにて修復を行う予定でしたので治療予定の歯を全て仮歯に置き換えました。

根が割れていた、向かって右側の歯だけがとても長く見えてしまっています。

治療ステップ 6

矯正治療で歯根を引き上げていきます。

写真

形状記憶合金ワイヤーの緩い力を利用して少しずつ割れていた歯を上に牽引していきます。 歯根が移動する間、歯根周囲に残っている健全な歯根膜組織が矯正力によって賦活化され、歯周組織に治癒機転がはたらきます。 赤く腫れていた歯茎も少しずつピンク色に引き締まってきました。

治療ステップ 7

抜かずに残してみることになりました。

写真

患者さんは少しでも残せる可能性があるのなら自分自身の歯を出来るだけ活かしたいといった強いご希望がありました。

私自身もかなり悩みましたがその患者さんの熱い想いに後押しされるような形でなんとか残してみる事に致しました。(矯正治療後にマイクロスコープを用いた歯周再生療法を併用しています。)

治療ステップ 8

治療後5年半経過後のレントゲン写真です。

写真

真ん中の向かって右側、歯根が一番短いものが今回歯根破折を起こしていた歯です。

歯根周囲の歯を支える歯槽骨はその骨梁も明瞭になってきており、しっかりとした治癒傾向を認めます。

この写真で見てとれますように歯冠修復は連結したものではなく、単独冠にて行っております。

治療ステップ 9

少しずつ歯周組織が引き締まってきました。

写真

オールセラミックス冠にて修復後半約6年半が経過しております。

治療直後においてはまだまだ赤く腫れた感じのあった歯茎も徐々にピンク色に引き締まって参りました。

患者さんには抜歯を覚悟の上臨んだ治療でなんとか歯を残せただけでなく、見た目にも綺麗になり安心して口を開けて笑えるようになったと大変喜んで頂けました。