冷たいものでキーンと凍みる!噛むと痛い!!その様な銀歯を外して虫歯治療-
メタルフリー専門18年の審美歯科
梅田のナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜13:00/15:00~18:00 (木・日祝 休診)

コラム

COLUMN

検索アイコン

冷たいものでキーンと凍みる!噛むと痛い!!その様な銀歯を外して虫歯治療

銀歯を入れているので虫歯にならない?

「銀歯は硬い」「甘いものでも溶けそうにない」とイメージされやすいので虫歯には強そうですが、なんと実際は真逆で銀歯を入れた歯のほうが虫歯になりやすいです。

シルバーアクセサリーは最初とても綺麗ですが、年月が経つにつれて酸化し黒くなります。
空気中のシルバーでも腐食するのに、お口の中ではさらに条件は悪くなります。

口腔内は唾液による水分が豊富で常に高温で湿り気があり、また食品により口腔内の酸性度が上がるなど、銀歯がより腐食しやすい環境にあります。

外した銀歯の裏

実際に口の中に収まっていた銀歯の裏ですが黒く変色し、腐食の進行した部分は溶け出しています。

金属は唾液と反応すること電場を生じ、細菌の塊であるプラークを寄せ付け腐食を加速させます。
また、銀歯などの金属から溶出した金属イオンは、体の入り口である口腔内より体内に取り込まれ、知らないうちに金属アレルギーを引き起こすリスクもあります。

日本では当たり前、この保険診療における銀歯(パラジウム合金)ですが、実は先進国の医療保険制度の中でパラジウム合金を用いているのは日本だけです。医療先進国ではその毒性が危惧され、歯科治療においてパラジウム合金の使用が中止されています。

ナチュラルクリニック大阪の患者さんにも「銀歯を被せた歯が冷たいもので凍みてつらい、噛むと痛くて食事ができない」という理由でお見えになる方もいます。

まさにその原因は、銀歯が腐食して隙間が開いてくることにより、知ら無い間に銀歯の中で虫歯が進行してしまっていることがほとんどなのです。

虫歯

銀歯が腐食して虫歯になり、歯との間に大きな隙間が開いています。

柔らかい部分

赤く染めだされた部分は、まるでオガクズのように軟らかい虫歯です。

除菌

歯の内部奥深くまで進行した目に見えない虫歯菌い対しては、ヒールオゾンにて徹底的に除菌します。

固める作業

もう二度と虫歯にならないよう、人工エナメル質のバリヤーを何層にも固めていきます。

セラミックス

審美歯科専門の技工士さんに作製していただいたセラミックスの修復物です。透明感のある美しい仕上がりです。

完了

虫歯を治療をした場所にセラミックスを被せます。奥歯なので咬み合わせにも十分配慮しています。

ナチュラルクリニック大阪は、開院以来18年間ずっとメタルフリーの専門歯科です。このようにセラミックスを使用することは金属を使用することによる多くのリスクを回避できるうえ、笑って見える部位などは歯を白く見せて審美性の面でも優れています。

→ 銀歯に隠れた虫歯を抜歯せずに治療したセラミックによる審美歯科

→ Facebook の投稿を見る

コラム一覧に戻る >