親知らずを再活用できる自家歯牙移植-
メタルフリー専門18年の審美歯科
梅田のナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜13:00/15:00~18:00 (木・日祝 休診)

インフォメーション

INFORMATION

検索アイコン

親知らずを再活用できる自家歯牙移植

最近また自家歯牙移植をご希望される患者さんが増えて参りました。術式は常にアップデートしていますが、基本となる部分は同じです。

私に移植を教えていただいた恩師の教え(遠心と口蓋側、舌側の歯肉弁の封鎖が後の予後を左右する)を守り、今のところいい経過をたどっています。

遠心
移植中
親知らずを抜く
治療中
セラミッククラウン

皆さんには、親知らずはやっかいなものではなく、このように再活用できる魅力的な天然歯でもあるんだって事を頭の片隅に置いといていただければ幸いです。

抜かなくていい状態の親知らずは、かかりつけ歯科医と相談の上置いといてください。

※手前の歯は根管治療より他医院にて治療されたものです。

この辺りの勘所を、次回開催予定第4回救歯臨床コーチングセッション前のプレセッション(前回までの振り返り、Q&Aなど)にてご紹介させていただいております。
ご興味お有りの方は、こちらからどうぞ。
歯科医師のみならず歯科技工士さん、歯科衛生士さん他、歯科に関わるお仕事の方でしたら、どなたでもお気軽に。

セッションの登録、ご参加はすべて無料です。
https://www.facebook.com/groups/320753585691844/

※この記事は主として医療従事者向けのインフォメーションとなります。
※これらすべての臨床写真はこのような保存治療の普及のため、患者さんに掲出の同意を得ております。

インフォメーション一覧に戻る >