大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例ずっと治らなかった根の下の病変を根管治療。

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

ずっと治らなかった根の下の病変を根管治療。

写真

歯の根っこがプクっと腫れ、歯磨きをするといつもそこから出血していました。根の下(根尖部)にできたかなり大きな病変が原因でしたが、徹底的な根管治療を行うことによって、治癒させることができました。

治療ステップ 1

治療前です。歯茎が赤く腫れています。

写真

以前から通院されていた歯科では、1日3回きちっと歯磨きするようにと指導され、ご本人も頑張って一生懸命お手入れされていたとの事です。


しかしながら一向に歯茎の腫れは引かず、体が疲れた時などは疼いて眠れないこともあったとの事です。

写真

レントゲンを見ますと、明らかに根の下に黒い影が認められます。左の写真で赤い丸で囲まれた部分です。ここに細菌感染が生じている病変があり、そこからの膿の出口が外側にプクっと膨れていた部分です。


この大きな黒い病変部分をしっかり治療しなければなりません。


治療ステップ 2

顕微鏡レベルの除菌をヒールオゾンで。

写真

従来から行われている根管治療をしっかりと行った後、消毒薬だけでは除菌されないような細かな部分に対し(独)カボ社製ヒールオゾンを適用します。


こういった大きな病変の場合は、歯の根の中だけでなく、根の外側にも細菌感染が認められます。


ヒールオゾンは除菌効果の高いオゾンガスを安全に浸透させる事ができるため、とても有効な手法となります。


治療ステップ 3

治療後です。病変は消失し、腫れも無くなりました。

写真

治療後のレントゲンを見ていただくと、赤い線で囲まれ黒かった病変の部分に、白い骨が再生してきているのが判ります。


このようにかなり大きな病変であっても、きっちりと細菌による感染を取り除き、根管治療を成功させることが出来れば、自然に治癒が導かれます。

写真

お口の中の状態も極めて良好で、プクっと膨れていた歯茎の部分は平らに治り、もう歯磨きしても出血は見られなくなりました。


術後もう既に9年以上が経過していますが、歯の根の下の病変が再発することはなく、歯茎も健康な状態を維持し続けています。