大阪・梅田の審美治療・一般歯科
ナチュラルクリニック大阪

ご予約・ご相談はこちら

受付時間:10:00~13:00/15:00〜18:00 (月・日祝 休診)

実際の治療例STUDY

実際の治療例大きな虫歯もできるだけ歯を抜かずに修復治療

診察について

診察時間

10:00~13:00 / 15:00〜18:00

休診日

月曜日・日曜・祝日

お問い合わせ

歯に関するお悩みやご相談・ご予約は下記までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約・ご相談

tel:0120-418-888

受付時間

10:00~13:00/15:00〜18:00
(月・日祝 休診)

大きな虫歯もできるだけ歯を抜かずに修復治療

写真

虫歯によって失われた部分が大きく、残されている歯質のみでは十分に機能させることが難しい場合、歯の根を補強するグラスファイバーの土台を接着させることにより歯を抜かずに活かす事ができます。

治療ステップ 1

大きな虫歯と歯周病で末期に近い状態でした。

写真

このような歯の治療において、いわゆる予知性というものを重視するのでしたら、すぐさま歯の根っこを抜いてインプラントか義歯を入れることになるのでしょう。

しかしながら今回の患者さんは『少しでも残せる可能性があるならばそれにかけて最善を尽くしてみたい。インプラントや義歯ではなく自分自身の歯で食事したい』と強くご希望されました。

治療ステップ 2

グラスファイバーによる土台の製作。

写真

私たちの製作するファイバーコアは通常の土台の芯の部分に加え、何層もの強化ファイバーリボンを芯の周囲に巻きつけ補強し、弱くなった歯の根を守る構造を与えています。

大臼歯は3~4本の根が枝分かれしており、その角度は強く咬む力に対抗できるように各々が別の方向を向いています。

よってファイバーコアも各根の方向別に一本ずつ丁寧に作られ、大臼歯であれば一本の歯に3本のコアを用意することもあります。

治療ステップ 3

ファイバーコアを確実に接着し薄い歯質を補強。

写真

写真のファイバーコアーの上部面にファイバーポストの芯の部分が白く浮き出て確認できます。

小さいほうの小臼歯で二本、大きい大臼歯では五本の芯材が用いられており、さらにその周囲に何万本ものファイバーの束が集められた繊維が巻きつけられています。

こうすることによって、失われた象牙質とできるだけ近い硬さや弾性を得ることができ、その後のオールセラミックスなどによる修復治療を可能にします。